読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARCHIVES

オールタイムフェザーウェイトトーナメント

荒唐無稽な内容ですが楽しく読めたのでシェアしたい。 www.boxing.com で、 この5人をエントリーさせているけど試合観たことないのでは? 僕はない。 Johnny Kilbane Terry Mcgovern Young Griffo Abe Atteell George Dixon ジョニー・キルバンOUTでシュガ…

Shame

ボクシングの本場と言えば米国だが、近年それに伍するマーケットになりつつあるのが英国だ。 ビッグネーム同士がマッチアップする大きなイベントも英国で開催される回数割合が増えつつあり、 タイトルホルダーが英国人であれば、名前を売るため或いは興行規…

ボビー・チャコン

70年代半ば〜80年代前半にロスのアイドルボクサーとして人気を博したボビー・チャコンの訃報をネット記事で見ました。 彼のことを知らない若いボクシングファンもいるかと思うのでボクシング史に刻まれている代表的な3試合を取り上げ追悼の意を表したい…

147ポンド

学生時代、ホールに試合の度に観戦に行ったお気に入りのボクサーが二人いた。 一人はJフライ〜フライウェイトのレパード玉熊。 もう一人はライト〜ウェルターウェイトの尾崎富士雄。 二人には出身県を含めて共通点が多い。 大柄な体格、基本の出来たボクサー…

カシアス・マーセラス・クレイ

初めてテレビでアリの試合を観戦したのがこれ。 確か13歳の時。 もちろんリアルタイムではない。 秋葉原の大型電気店を彷徨いていた時たまたま店のビデオでこの試合を流していた。 ビデオがぼちぼち普及し始めたタイミングだったかな。 テレビも当時として…

マーロン・スターリング

リングマガジンのサイトの定期コンテンツ、『Best I Faced』 いつも楽しく読ませてもらっています。 80年代にウェルターウェイトで活躍したマーロンスターリングの回。 ringtv.craveonline.com やはりというか、ドナルド・カリーを相当評価していますね。 …

印象に残るワンパンチ15

Bernard Hopkins vs. Simon Brown Date: 1998-01-31 Location: Trump Taj Mahal Atlantic City, New Jersey, USA Referee: Rudy Battle Division: Middleweight Stakes: IBF World Middleweight title サイモン・ブラウンからダウンを奪ったアッパー気味の右…

サルバドル・サンチェス考

Salvador Sanchez-BoxRec Salvador Sánchez - Wikipedia, the free encyclopedia 海外のサイトでサルバドル・サンチェスを取り上げた記事がアップされていたので読みました。 ちょうど彼の命日だったのでフォーカスされたみたい。 Fistic Flashback: Remembe…

印象に残るワンパンチ14

Juan La Porte vs. Rocky Lockridge Date: 1981-08-22 Location: Showboat Hotel & Casino, Las Vegas, Nevada, United States Referee: Davey Pearl Division: Featherweight Stakes: USBA Featherweight title Juan Laporte-BoxRec 後に2度メジャータイト…

マイク・マッカラム考

Mike McCallum-BoxRec ジャマイカ出身のマッカラムを初めて知ったのはアユブ・カルレ戦の雑誌記事だったと記憶してます。 彼の全盛期(Jrミドルウェイト時代)のリアルタイムネタは他のボクサー同様活字メディアだけから得てました。 試合映像を見たのはずっ…

メイウェザーと数字4

フロイド・メイウェザーJrのパッキャオ戦時の年齢にフォーカスします。 1977年2月24日生まれ、38歳。 一昔前であれば38歳のウェルターウェイトなんてオールドタイマー扱いでした。 加齢と激闘の積み重ねによる金属疲労で能力的には下り坂を転げ落ちている状…

ゴロフキンのオリンピックマッチ

カザフスタン代表としてエントリーしたアテネオリンピック。 ミドル級セミファイナルとファイナルのゴロフキンを観比べる。 過去何度が観ているんですけどね。 セミファイナルの相手はあのアンドレ・ディレル。 ボクサータイプ対ファイタータイプの噛み合っ…

フェリックス・ベルデホ

プエルトリカントッププロスペクトのベルデホを取り上げます。 トップランクがマネージメントしていますから近い将来知名度がグンと上がるでしょうね。 現状8回戦。慎重にキャリアを積ませているようです。 今月末に予定されていた試合を怪我でキャンセルし…

P4Pレイティングリストで振り返る2014年

2014年の海外のボクシングをリング誌のP4Pレイティングリストにフォーカスして個人的に振り返りたいと思います。リストアップされている10人の今年の試合結果をトレースします。 *( )は2013年末時のレイティング Pound for Pound Ratings by Ring Maga…

マービン・ハグラー vs.ユージン・ハート

1976年のハグラーには興味があります。 何故なら、前年までの無敗レコードに黒星が2つ付くから。 75年終了時レコード:25勝1分 76年:5勝2敗 1/13 vs.ボビー・ワッツ MD負け 2/7 vs.マット・ドノバン 2RTKO勝ち 3/9 vs.ウイリー・モンロー UD負け 6/2 vs.ボ…

印象に残るワンパンチ13

1985-12-06 : Donald Curry 146¾ lbs beat Milton McCrory 146¾ lbs by KO at 1:53 in round 2 of 15 Location: Las Vegas Hilton, Hilton Center, Las Vegas, Nevada, USA Referee: Mills Lane Judge: Dave Moretti 10-9 Judge: Lou Tabat 10-9 Judge: Jerr…

印象に残るワンパンチ12

1987年7月、米国ラスベガス、シーザースパレス。 マイク・マッカラム(31-0-0)がドナルド・カリー(27-1-0)を倒した左フック。

アンドレ・ディレル vs.カーティス・スティーブンス

2007-06-16-Mohegan Sun Casino,Uncascille,Conneticut,USA Andre Dirrell 11(7KO)-0-0 Curtis Stevens 17(12KO)-1-0

アーロン・プライアー vs.アレクシス・アルゲリョ Ⅱ

83年9月9日の試合。 82年の11月12日に行われた第1戦の方がクラシックファイトとしてファンの間では重要視されています。 この試合は、言ってしまえば「おまけ」的な扱いかもしれません。

三原正 vs.デビー・ムーア

この試合未見でした。 三原にとってはロッキー・フラットに勝って獲得したメジャータイトルの初防衛戦。 ランキング10位でキャリア8戦のムーアを選んだということはリスクを避けたマッチメークだったのでしょう。 実際、この試合のムーアはキャリア不足故の…

印象に残るワンパンチ11

ウィルフレド・ゴメスの対ロイヤル小林戦の左フック。

Compubox

Compubox関係者へのインタビュー動画です。

ドワイト・ブラックストン vs.マイク・ロスマン

81年、ドワイト・ムハマド・カウイ(ドワイト・ブラックストンはバースネーム)のキャリア初期の試合。 この年の12月にマシュー・サード・ムハマドに勝ってメジャータイトルホルダーになります。 上背は170cm足らず。 ライトヘビー級としては極端なチビ。…

マウリシオ・ヘレーラ

先日のダニー・ガルシア戦でインパクトを残したマウリシオ・ヘレーラの動画を拾い集めました。 対キム・ジフン、カリーム・メイフィールド、マイク・アルバラード、 そしてルスラン・プロボドニコフ。 『エル・マエストロ』ヘレーラの技巧を堪能できます。 …

オーランド・サリドとホセ・ナポレス

先日、ワシル・ロマチェンコに黒星を付けたオーランド・サリド。 何故こんなに打ち合いに強いのでしょう。 彼の技術的な分析ってあまりお目にかかりませんよね。 『叩き上げて身に付けた地力』とか 『メキシカン特有の』とか 都合のいい表現で片付けられてい…

印象に残るハードヒッター11

またタイ人繋がりで、カオサイ・ギャラクシーを取り上げます。

印象に残るハードヒッター10

ムエタイ出身で3戦目に世界タイトルを獲得した記録を持つセンサク・ムアンスリンを取り上げます。 タイ人繋がりで。

印象に残るワンパンチ10

サーマート・パヤクァルンのワンパンチフィニッシュ2試合。 対ファン・キッド・メサ、 そして対ルペ・ピントール。

印象に残るワンパンチ9

ムスタファ・ハムショを倒したハグラーの右フック。

Song for Sonny Liston

ビセンテ・サルディバル vs.関光徳

Date: 1966-8-7 Where: Plaza Mexico, Mexico City, Distrito Federal, Mexico Division:featherweight (126 lbs) Title: World featherweight title Vicente Saldivar (30-1-0, 24 KOs) vs Mitsunori Seki (54-8-1, 32 KOs) Result: Vicente Saldivar def. …

サンディ・サドラー

以前、個人的に食わず嫌いのクラシックファイターとしてカーメン・バシリオを取り上げましたが、 もう一人、どうにも受け付けない有名どころがいます。 サンディ・サドラーです。

 P4Pレイティングリストで振り返る2013年のボクシング

2013年の海外のボクシングをリング誌のP4Pレイティングリストにフォーカスして個人的に振り返りたいと思います。 リストアップされている10人の今年の試合結果をトレースします。

レイ・アーセルの教え子達4

アルフォンソ・ペパーミント・フレーザー。 ニコリノ・ローチェに勝ってWBA 世界Jrウェルター級タイトルを獲得したのが 72年の3月ですから、 同じパナマのロベルト・デュランがブキャナンに勝つ3ヶ月前。 ほぼ同時期にパナマ人二人が世界王者になってい…

 マニー・パッキャオと八重樫東

Date: 2013-11-23 Where: Cotai Arena, Venetian Resort, Macao, China Division: welterweight (147 lbs, 66.7 kg) Title: vacant WBO International welterweight titleManny Pacquiao (54-5-2, 38 KOs) vs Brandon Rios (31-1-1, 23 KOs) Result: Manny P…

 ダルチニアンと山中

Date: 2013-11-09 Where: American Bank Center, Corpus Christi, Texas, USA Division: featherweight (126 lbs, 57.2 kg) Nonito Donaire vs Vic Darchinyan Result:Nonito Donaire def. Vic Darchinyan (TKO at 2:06, round 9)

 No Mas

Boxing.comから拾った動画。 ボクシング史上最大のスキャンダル「No Mas」デュランの試合放棄は謎が多くて好奇心を煽りますよね。今でも。 レイ・アーセルはこの試合後デュランと袂を分かちます。 試合自体は言われているほどレナードのワンサイドではありま…

 レイ・アーセルの教え子達3

『キューバの鷹』ことキッド・ギャビランはウェルター級名王者として殿堂入りしています。 ウェルター級時代のシュガー・レイ・ロビンソンには2戦2敗ですが、いずれも接戦、つまり全盛期のロビンソンが苦戦しているわけですから実力は推して知るべし。

 ケン・ノートン

70年代に活躍したヘビーウェイト、ケン・ノートンが亡くなりました。 独特なクロスアームブロック(右手で左顔面をガードする変則的なディフェンススキル)が印象的なファイターでした。

 Tommy Morrison

90年代に活躍したヘビー級ボクサートミー・モリソンが亡くなりました。 当時貴重な白人のタレントとして人気を博し、ジョージ・フォアマンやドノバン・ラドックにも勝っていますから実力はあったと思います。

 カーメン・バシリオ

2008年のリングマガジンの記事「ウェルター級オールタイムグレート20人」でリストされたメンツです。1. Sugar Ray Robinson 2. Henry Armstrong 3. Kid Gavilan 4. Charley Burley 5. Sugar Ray Leonard 6. Carmen Basilio 7. Jose Napoles 8. Tommy Ryan …

 70年代のヘビー級は面白かった2

<ヘビー級12回戦 ジェリー・クォーリー vs.アーニー・シェーバース/1973-12-14/米国ニューヨーク>70年代に活躍した印象に残るヘビー級コンテンダー、ジェリー・クォーリーの試合を2試合ピックアップ。

 新旧ハードヒッター

<エドウィン・ロザリオとルーカス・マティセ>ライト級〜J・ウェルター級の往年のハードヒッターというとエドウィン・ロザリオの名前が先ず思い浮かぶんですよね。 だれが見てもパンチがあるのがわかる、そんなファイターでした。 独特のフットワークでスル…

 エミール・グリフィス

60年代に活躍した殿堂入りボクサーのエミール・グリフィスが亡くなりました。享年75歳。

 レイ・アーセルの教え子達 2

<世界ヘビー級タイトルマッチ エザード・チャールズ vs.ジョー・ルイス/1950-9-27/ Yankee Stadium> 『シンシナティコブラ』エザード・チャールズを取り上げます。 レイ・アーセルにとってジョー・ルイスは挑めど挑めど跳ね返される高い壁でしたが、ピーク…

 レイ・アーセルの教え子達 1

ロベルト・デュランの半生が映画になるとのこと。 タイトルは「Hands Of Stone」 ボクシングファンとしてはもう少し捻ってほしいところですが。

 ゲナディ・ゴロフキン vs.ルシアン・ブテ

「アマチュア時代も強かったゴロフキン」シリーズ2回目。 ルシアン・ブテをワンパンチKO、 と書くとゴロフキンの圧勝を連想するでしょうが、試合はブテペースでダウンも奪われています。 長身サウスポーブテの撓るパンチにタジタジな印象。 ただ試合を終わ…

 リッキー・ハットン vs.ポール・マリナッジ

<スーパーライト級12回戦 リッキー・ハットン vs.ポール・マリナッジ/米国ラスベガス/2008-11-22> Ricky Hatton vs. Paulie Malignaggi - Wikipedia, the free encyclopedia 140ポンド時代のマリナッジとパッキャオに倒される前のハットンの試合。 昨…

 テレンス・クロフォード

今週末、米国ダラスで行われるマイキー・ガルシア-ファンマ・ロペスのアンダーカードにエントリーしているテレンス・クロフォードにフォーカスします。

 印象に残るハードヒッター9

<ミドル級10回戦 ファン・ロルダン vs.ジェームス・キンチェン/米国ラスベガス/1987-4-6>アルゼンチン人のハードヒッターの系譜にはユニークなボクサーが目に付きますが、ファン・ロルダンもその一人です。 時系列では、 オスカー・ボナベナ ⇒ ファン・…