FISHING

檀家回り

納竿時のルーティンというか、今秋シーズンの復習と来春シーズンに向けての予習のようなもの。 集中的にロッドを振ったポイントを全て回る。 20箇所以上あり1日ではとても回りきれないから3日間かけてサクサクとランガンする。 寒くなってきたし富士山も…

ゴーテンロッド

を1本追加入手した。 5フィート10インチ(178cm)というレングスはホームでの僕の釣りに一番あっているかもしれない。 オープンウォーターでもそこそこ使えるしね。 fishing.shimano.co.jp ゴーテンの3パワーを試してみたかった。 エントリークラス…

サイレントアプローチ

炒め物や煮物などの料理をするとき、 ガスコンロのつまみを操作して火加減を調整する。 強火で火を一気に通したり、 弱火でじっくりコトコト食材を煮込んだりと。 特に煮るという調理工程においては、強火〜中火〜弱火のように火力(熱量)を徐々に落として…

マルチパーパスな

ロッドが欲しくなり物色していた。 ゴーテンロッドを新調したばかりだが安くあがったし。 もう1本いってまえ。 マルチといってもヘビーな藪漕ぎや崖降りが伴うポイントではロングロッド不可なのでオープンウォーターと遠目のカバー打ちを同時にこなせて、あ…

オープンウォーター

で釣りをしていない。 ホームのオープンウォーターポイントは工事中であったり他のアングラーと競合するために避けたりと、小場所での釣りがメインになっている。 それはそれでテクニカルな釣りができるので楽しいのだが、たまには大場所でロングロッドを大…

シングルフック他

ゴーテンロッドと組んでいるタトゥーラTWをちょい弄った。 ウォームシャフトにベアリングを追加。 ハンドルと連動しているパーツなので多少也とも回転が滑らかになることを期待して。 先ずはサイドプレード側から。 グリスがテカっている部分がウォームシャ…

ややライトな

タックルセットのためにリールを購入し早速現場で具合を確認した。 ダイワのTATULA TW 100SHL。 デフォルトのベントしたハンドルは苦手なのでシングルノブタイプに速攻交換。 因みにノブはジリオンのものを流用している。 コスパロッドにコスパリールのセッ…

ロッドのグリップカスタム

まさかのシマノゴーテンロッドネタ3連荘。 不本意ながら気に入ってしまったのでネガを消して本格的に使おうと。 シマノオリジナルのリールシートとセパレートのEVAグリップは華奢すぎて使いにくかったので改造することにした。 薄っすいのでパーミングしや…

入魂

入手したばかりのシマノのゴーテンロッド、 釣行時には必ず使っていたが、出来にはずっと懐疑的だった。 値段が値段だけにね。 キャスト性能は十分。 問題は魚を掛けた時どうかだ。 もしランディングにもたつくようならホームリバーのスズキ釣りにはミスマッ…

ベビーポッパー

台風19号が直撃した静岡東部は記録的な大雨により河川が大増水。 伊豆半島に上陸前の12日午前中に所用でホームリバー中流部に車で行った際に見た光景は凄いものだった。 堤防の上端近くまで水面が上がっていて、決壊が現実に起こる可能性は低くないと認識…

FISH PASS

渓流解禁にあたり漁協の発行する遊漁券をFISH PASSで購入してみた。 www.fishpass.co.jp 特に贔屓の販売店はないので漁協直で。 例年漁協に赴いて年鑑賞を買っていたが、忙しくて買いに行く暇がなかったこと、 FISH PASSがどんなものか単純に興味があったこ…

シングルフック考

シングルフックを今シーズンから使い始めた。 アマゴ釣りで使ってメリットを実感したのでスズキ相手にも使ってみようと。 まあ語るほど実績もないのだがトレブルフック当たり前だった僕にとってはちょっとした発見だった。 基本上に出す釣りを好む者にとって…

アユ釣りは

そろそろ終盤戦の様相。 他川は禁漁期に入っているがホームでは11月中旬まで入川している釣師を見かける。 日中時間ができたので鮎釣りエリア下流域をチェックしに行った。 人気ポイントにエントリーしていたのは4人。 橋の上から流れを覗くと小型のアユ…

Not Wobbler

<タックルデータ> レア改 フェニックスIM6スーパーボロンPS61XH改+ブライトリバーアイスポット Abuレコード41改 PE2.5号+フロロ5号 さてホームリバーのスズキ釣り。 シーズンスタート(シーズンインではなく個人的に釣りを開始したの意)後しばらく魚の気…

アップストリーム

解禁日を含めて数回渓魚釣りに行った。 片道40kmのフィールドなので足繁く通うことはできないけど。 解禁日前日と9日の大雨増水が影響し多くのアングラーにとって難しい状況のようだがむしろ評判を落としたことで集客しない方が好ましい。僕にとっては。 「…

明後日は

いよいよ渓魚釣りの解禁日。 僕の釣りシーズンが始まる。 昨年まで年鑑章は腕章タイプだったが漁協がその無意味さにようやく気付いたようだ。 こういうのもコストがかかることなので仕様変更できなかった理由もわからなくもないんだけどね。 そういえばウェ…

バズジェット改

をブラッシュアップ。 大きめの顎付きにしてよりダイナミックに踊るようにし、 かつダウンクロスでもなんとかカッコがつくようにした。 フックはシングルに変更。 これはウォブリングの幅を大きくするため。 うん、これで完全に流れの釣りに対応できるキャラ…

シャローランナー考

ソルトカテゴリーでは汎用性の高いプラグだが、 故に際立った(核になり分かりやすい)集魚要素がないこと、 プレゼンテーションエリア(レンジ)が流動的で中途半端であること、 つまり『帯に短し襷に長し』の感が足を引っ張り、フィールドに精通すればする…

マイウェイクベイト

ホームのスズキ釣りにシャローランナーを使わなくなって久しい。 トップかトゥイッチベイト、それだけで釣りしている。 稀に下のレンジを探るためにジャークベイトを試すことがあるが。 何故シャローランナーの出番がないのか? 使い道がないのである。要は…

ウェーディングシューズ新調

www.tiemco.co.jp 主にスズキ釣りに使っていたウェーディングシューズがボロになったので。 長いことチョータのアブラムズクリークを使い続きていたけど安価に入手できなくなったので別を探索。 この手の消耗品は徹底的にコスパ重視でモノをチョイスするのだ…

ダイビングポッパー

タックルボックスで眠っていた(肥やしとまでは言わない)K2RP122。 発売時にはNextスプラッシャーとして勝手に期待していたのだが、 僕の釣りには合わなかった。 つまりコンセプトというか方向性が違うものだった。 極めて高浮力であるということ。 それと…

ポッパーの戦術

以前にも書いたことがあるトップの使い分けについて別角度で。 大雑把に言えば、平水〜減水時はペンシルベイトをメインに使い、 雨による増水時はポッパーメインにしている。 BKRP140 魚の活性の違いによりそうしているわけでない。 単にピンで狙うにはペン…

レイティング

今シーズンはアユがほとんど流下してこなかったためにプラグレイティングを意識した釣りが成立しなかったが一応データはデータなので無視せずに。 狙って捕れるほど魚が居なかったため動画の撮影もほとんどしなかった。 できればポッパーで食わせるシーンを…

カウントダウン

ようやくノルマの100回釣行に到達しそう。 12月は頻度こそぐっと減るが現場には行く。 アユの居ない異常なシーズンの最後を見届けたいということもあるし。 なんとか最後にトップに気持ちよく出したいということもあるし。 トップになかなか出ないから…

Small Game

晩秋になるとホームリバーの大場所(オープンウォーターでロッドが振りやすいエリア)にはアングラーがぼちぼち出没するので競合を避けるために人が行かない、見落とされがちな小場所中心に釣行している。 当然魚が居ても密度は低いし時合は短いし居着きの個…

ヌカカ

長年いろいろなエリアで釣りしているので虫刺されは慣れっこだ。 ところがヌカカという存在を今まで知らず最近になって初めて被害にあった。 xn--48jzftda7nz76rckocf3dn3u.xyz 竹やぶのある河原にこ奴らはいた。 藪漕ぎして川岸に立っているとコバエのよう…

保険

ハリス、ショックリーダーの役割はそれ。 シビアな状況でも不安を抱かずに釣りできるように。 川のスズキ釣りにおいてはある意味メインライン以上に大事かも。 こんな当たり前のことを書くのもなんだけど。 以前ホームリバーの現場で出会ったアングラーにタ…

TKP135TT

フィールドの状況が許せば、ハイシーズンにまたポッパーを試したいと思っている。 ここ数シーズンはホームリバーの遊漁環境の荒廃が進み、大らかな釣りが通用しなくなりつつあるが、ダイビングペンシルを使ってお茶を濁し続けるばかりではそれはそれでワンパ…

流速と浮力 2

これの続き。 プラグの浮力と川の流れと集魚力の相関を無視できないと実感できるソメッドがある。 キャスト着水後に何もしない、所謂ほっとけ。 ドリフトでもなくテンションフリー、流れに任せるまま本当に何もしない。 アップストリームキャストして放出ラ…

流速と浮力

渓魚釣りとスズキ釣りにはほとんど共通点はないと思うが、 渓流で釣りしていて、激流、流れの早いエリアでのプラッギングにおいて再確認したことがある。 それはプラグの浮力をシビアにセッティングすることで流れと上手く同期させることができるということ…