読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 マニー・パッキャオ vs ティモシー・ブラッドリー

BOXING

<WBOウェルター級タイトルマッチ マニー・パッキャオ vs ティモシー・ブラッドリー/ラスベガス>

WOWOWで生観戦しました。
アンダーカードが全て終わってからメインの試合が始まるまでがやたら時間がかかったせいかパッキャオ戦の割には高揚感の乏しい感じで試合開始のゴングを聞きました。
予想通りブラドリーはパッキャオの単調な攻撃を上手くかわしつつ反撃をしてましたが、いかにも攻撃に迫力がない。ただディフェンスでいっぱいいっぱいではなくパックマンにパンチを当ててはいました。


中盤、ブラッドリーはやや効いた感じで足元が怪しい場面もありましたが、パッキャオの単調で雑な攻撃のおかげでなんとか凌ぎ終盤はリズムに乗ったボクシングでパッキャオを捌く場面も見られました。もっと早い回からアウトボクシングをしていたら明確に試合をコントロールできたかもしれません。
正直、2人のジャッジがパッキャオよりブラッドリーにポイントを与えたのは意外でしたが、ブラッドリーが明確な戦略を持って戦っていたのはよくわかりましたし、パッキャオは逆にノープランであったのも明白でした。
今のパッキャオは対戦者を想定した戦術練習はあまりしていないのか、直近の4試合はどの試合もあまりにも同じ戦い方、同じペースですから、ブラッドリーも十分対処できていましたね。
別に変わったことをすれば良いのにと言っているわけではないですが、なんと言うか、こう判で押したように同じ戦い方では相手に研究されてしまいますよ。
インベーダー路線でクラスを上げていたときは相手はパッキャオに対して戦略的に戦うことはしてませんでしたからね。
今回の敗戦でパッキャオの衰えを指摘する記事などが出るかもしれませんが、僕はそうは思いません。
スピードは相変わらずありますし(ブラッドリーも速いので今回は際立たなかっただけ)パンチングパワーもあります。
ただ、戦略がワンパターンなだけ。
パッキャオはキャリア60戦の大ベテランなのですが、ボクシング自体は老獪さのカケラもない、フレッシュで粋の良いまま現在に至っているというある意味超人的な資質を披露しています。
これって凄いことなのですが、やはりマルケスやブラッドリーのようなスキルの高い賢いボクサーには対処されてしまいますよ。
フィジカルを鍛え上げていること以外に今のパッキャオに進歩は見られません。
もしブラッドリーと再戦することになったら今度は明白な差をつけられて敗戦する気がします。
ブラッドリーよりさらにスキルが高く、頭もスマートなメイウェザーに勝てるかと訊かれたら、「ノー」と答えざるを得ないかな。