読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ディエゴ・ガブリエル・チャベス vs.キース・サーマン

WBA暫定ウェルター級タイトルマッチ ディエゴ・ガブリエル・チャベス vs.キース・サーマン/米国テキサス>


WOWOWテレビ観戦。
チャベスは初見でしたので注目していました。
戦績からすると今まで対戦相手を圧倒してきたのでしょう、苦戦らしい苦戦はしたことがないのかもしれませんね。
序盤の自信満々のボクシングと中盤以降の手数を控えたややディフェンシブな戦い方のギャップの大きさが彼のエリートキャリアを物語っているような気がします。
サーマンの実力を目の当たりにして潜在能力が隠れてしまった。
ディフェンスに自信があるから「倒せない」と判断するとオフェンスの意識が希薄になり積極的にペースを取ろうとせず、相手のパンチをかわすことに意識が傾いてしまったのでしょう。
キース・サーマンはダイナミックな動きで目を引きますが、オフェンスは雑ですし防御勘に優れている印象もありません。
抜群の運動能力で相手を圧倒するタイプ。
隙の多いボクシングですから今後スターボクサーへとステイタスアップできるのかどうかはやや疑問です。
デボン・アレキサンダーあたりとやらせてみたいですね。

http://boxrec.com/list_bouts.php?human_id=460173&cat=boxer