脳男


 “脳男”というユニークなキャラクターが評判を呼び第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於の同名ベストセラー・ミステリーを「源氏物語 千年の謎」「僕等がいた」の生田斗真主演で映画化したサスペンス・アクション。連続爆破事件が巷を震撼させる中、容疑者として逮捕された心を持たない男・鈴木一郎をめぐる謎と事件の行方を迫力のアクション・シーンとともにミステリアスに綴る。共演は松雪泰子江口洋介二階堂ふみ。監督は「イキガミ」「はやぶさ 遥かなる帰還」の瀧本智行
 都内近郊で無差別連続爆破事件が発生、人々を恐怖に陥れていた。そんな中、爆弾魔・緑川のアジトを急襲した茶屋刑事は、緑川を捕り逃すも、共犯者と見られる男を逮捕する。取り調べでは鈴木一郎と名乗る以外、なにも供述しようとはせず、精神科医・鷲谷真梨子による精神鑑定が行われることに。真梨子は感情を一切表に出さない男に興味を抱き、その過去を調べ始めるが…。
<allcinema>


映画 脳男 - allcinema

DVDで鑑賞。
キャストの中に山崎ハコの名前を見つけたこと。
若いのにくせのある演技をする二階堂ふみが凶悪犯をどう演じるのか興味があったこと。
ストーリーに関してはあまり期待していませんでした。
で、見終わって正直感想らしい感想はない。
エンディングにキングクリムゾンの「21世紀・・・」が使われてしまったのが残念。
作品の完成度が高ければそう思わないでしょうが。
フォーカスしていた二階堂ふみに関しては演技の出来そのものより何故この役を引き受けたのか疑問。
緑川のキャラクターは作り込みが甘く中途半端、役者が演技力でそれをカバーしていた印象もない。
楽しめる要素をなんとか探そうとしながら観ましたが…
なかった。

広告を非表示にする