読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ケル・ブルック vs.ビチェスラフ・センチェンコ


Date: 2013-10-26
Where: Motorpoint Arena, Sheffield, Yorkshire, UK
Division: welterweight (147 lbs, 66.7 kg)


Kell Brook (30-0-0, 20 KOs)
   vs
Vyacheslav Senchenko (34-1-0, 23 KOs)
Result: Kell Brook def. Vyacheslav Senchenko (TKO, round 4)


英国の無敗のホープ、ケル・ブルックと前WBAタイトルホルダーでリッキー・ハットンにもKO勝ちしているセンチェンコの試合は意外なほどのワンサイドでブルックの勝利。
が、35歳のセンチェンコはピークを過ぎている感は否めず、ブルックの実力を証明するような試合ではないです。
ブルックはスタイル的にも戦術的にも前戦同様中途半端な印象。
欧米で良く使われる表現、
「肉でも魚でもない」という感じ。
ジャブが良く出るんですが、ジャブのためのジャブでしかなくその後のオフェンスとの関連性に乏しい。
攻防の連動性はないのですが、かと言ってディフェンスが固いわけではない。
打っている時は上体が突っ立っていて、カウンター食ったら効かされそうだし。
無敗レコードとそこそこスピードとパンチがあること以外目を引く要素はないです。
アミール・カーンを挑発してマッチメイクを煽っているようですが、まあ、カーンの方がずっと良いボクサーだと思いますよ。