読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 アンドレ・ウォード vs.エドウィン・ロドリゲス

BOXING FIGHT REVIEWS


Date: 2013-11-16
Where: Citizens Business Bank Arena, Ontario, California, USA
Division: super middleweight (168 lbs, 76.2 kg)
Title: WBA Super World super middleweight title
Andre Ward(26-0-0 14KO)
  vs
Edwin Rodriguez (24-0-0 16KO) 
Result: Andre Ward def. Edwin Rodriguez (unanimous decision, 118-106, 117-107, 115-108)


アンドレ・ウォードの14ヶ月ぶりのファイト。
お久しぶりという感じですが、錆び付きはなく、例によって相手を寄せ付けない完勝。
まあボクシングレッスンという感じ。
ただちょっとクリンチ、ホールディングが多いアグリーな試合。
ウォードの戦績を見てみると、27戦のキャリアですが対戦者の質が並ではないです。
特に直近は、今回のロドリゲスも無敗のチャレンジャーでしたし、その前がチャド・ドーソン、カール・フロッチ、アーサー・アブラハム、サキオ・ビカ、アラン・グリーン、ミッケル・ケスラーと名前と実力のある相手ばかりと連戦して連勝しかもほとんど苦戦らしい苦戦もないという。
めぼしい相手全部に勝ちましたと断言しても誰も突っ込まないでしょう。
まだ29歳なんですね。
あとはゴロフキンが168ポンドに上げれは面白いマッチアップか。
でも多分ウォードの方が上手じゃないかな。
『サンチェス-ゴメス』みたいになりそうな気がしますがどうでしょう。
ゴロフキンがゴメスとかぶるという意味で、GG繋がりの倒し屋だし…

Master Class: Ward Schools Rodriguez - Boxing.com
Ward vs Rodriguez results: Andre Ward dominates again in physical affair - Bad Left Hook