読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェーダーゲーター

MUSIC FISHING

BLUESTORM

 

4月に新調したブルーストームのウェーダー。

半年間使用したのですが、先ず先ずの使用感。

良い点は、

ルーズフィットのため陸上で動きやすいこと、

サスペンダーが丈夫で使いやすいこと、

脱着が容易というか楽なこと、

膝と臀部が補強されているため藪漕ぎ時もそこそこ安心感があること。

不満な点は、

タイトフィットのフライカテゴリーに比べて水流抵抗が大きく流れの中でやや歩きにくいこと、

デザインがいかにもソルト系なのでなんだかホームリバーでは違和感があること、

そして下の写真、

膝部がコーデュラ補強されているのは前述のメリットがあるのですが、角のこの穴!

水抜きの機能を持たせているのでしょうが僕の使い方ではデメリットでしかない。

流れの中で立ち込んでいると水がガバガバ入ってきて水風船状態になってしまう。

幸い浮力は発生しないのですが(膝が浮いたら危険極まりない)水流抵抗が増して動きにくくなってしまう。

もし良型が掛かって流れに乗られでもしたら魚に合わせて川を下らなければならない。

その時膝に大きな水風船を付けていたらどうなるか考えると怖いでしょ。

 

2015-10-08 16.33.21

 

ということで対策しました。

手持ちのウェーダーゲーター(リトルプレゼンツ製)を装着。

これで解決しました。

しかも余分なばたつきがなくなって水流抵抗が少なくなったので一石二鳥という感じ。

流れの速いエリアでの立ち込み時には必携になりました。

ちょっと面倒くさい。

 

2015-10-08 16.35.42

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20151008114929j:plain

Kurt Rosenwinkel : The Next Step

Tracklist

1 Zhivago 9:02

2 Minor Blues 5:51

3 A Shifting Design 7:08

4 Path Of The Heart 6:15

5 Filters 7:41

6 Use Of Light 9:17

7 The Next Step 9:55

8 A Life Unfolds 6:29

Credits

Bass – Ben Street

Co-producer – Jason Olaine

Drums – Jeff Ballard

Engineer – James Farber

Guitar, Producer – Kurt Rosenwinkel

Mastered By – Greg Calbi

Piano – Kurt Rosenwinkel (tracks: 7)

Tenor Saxophone – Mark Turner (2)

Notes

Recorded May 12-14, 2000 at Avatar Studio, NY

Mixed June 26-27, 2000 at River Sound

Mastered June 28, 2000 at Sterling Sound, NY  

 

f:id:duran3616:20151008114928j:plain

Kurt Rosenwinkel : Deep Song

Tracklist

1 The Cloister 8:29

2 Brooklyn Sometimes 8:22

3 The Cross 7:33

4 If I Should Lose You Written-By – Leo Robin, Ralph Rainger 4:50

5 Synthetics 6:15

6 Use Of Light 8:25

7 Cake 9:14

8 Deep Song Written-By – Douglass Cross, George Cory 3:52

9 Gesture [Lester] 7:29

10 The Next Step 9:28

Companies, etc.

Phonographic Copyright (p) – The Verve Music Group

Copyright (c) – The Verve Music Group

Credits

Art Direction – Hollis King

Bass – Larry Grenadier (tracks: 3 to 5, 8)

Coordinator [Release] – Erin Whelan, Kelly Pratt (2)

Design – Rika Ichiki

Drums – Ali Jackson (tracks: 1, 2, 6, 7, 9, 10)

Engineer, Co-producer – James Farber

Executive Producer – Anders Chan-Tidemann

Guitar, Vocals, Producer – Kurt Rosenwinkel

Mastered By – Greg Calbi

Photography By [Studio] – Gary Gershoff

Piano – Brad Mehldau (tracks: 1 to 7, 9, 10)

Tenor Saxophone, Co-producer – Joshua Redman (tracks: 1, 3 to 10)

Notes

Mastered at Sterling Sound, NYC

℗&© 2005 The Verve Music Group