読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー コット-アルバレス

BOXING FIGHT REVIEWS MUSIC

f:id:duran3616:20151121112357p:plain

 

Date: 2015-11-21

Where: Mandalay Bay Hotel & Casino, Las Vegas, Nevada, USA

Division: middleweight (160 lbs, 72.6 kg)

Title: vacant WBC World middleweight title

Result:  Saul Alvarez def. Miguel Cotto (unanimous decision, 117-111, 119-109, 118-110) 

 

f:id:duran3616:20151123103723p:plain

BocRec

 

さてカネロがこの試合に勝利したことによりゴロフキンとのマッチアップが現実味を帯びてきました。

試合後にもマイクサービスしていましたしね。

カネロはゴロフキンに対して勝機はあるのでしょうか?

懸念材料としてはやはりウェイト。

ナチュラルミドルのゴロフキン、

コット戦でも明らかなように155ポンドあたりがベストのカネロ。

1クラス違うのは明らか。

アルバレスがその気でも周りがネガティブな空気を醸す可能性があります。

となるとキャッチウェイトが考えられますが、ビッグマッチを渇望しているとはいえゴロフキンが譲歩するのか?

ボクシングのメガマッチ成立にはタイミングが重要。

一応ミドルウェイトタイトルホルダーだったコットに完勝したことにより株価の上がった今のタイミングは、まあベストなのでは。

カネロはゴロフキンに敗れても余程の惨敗を喫しない限りキャリアダメージはそれほどでもないでしょう。

永ちゃんのCMではないですが、

「やっちゃえ、カネロ」

勢いは大事だし、コット戦の出来が予想以上に良かったのでそこそこやるのでは。

あまり語られることがなかったカネロの耐久力がキモになると思います。

コットのパンチを食ってもケロっとしてたでしょ。

頑丈な身体を持っている上に結構ディフェンスも上手い。

ちょっと防御動作が大きいのがアレですが。

ゴロフキン-カネロはきっと噛み合うと思うので来年是非実現することを願っております。

ところでコット-カネロの試合内容ですが大体予想通りでした。

カネロがプレッシャーをかけてコットはアウトボクシングをするという。

その図式が見えた時点でカネロが勝つだろうなと。

コットがミドルウェイトで復活できた理由は積極性です。

成功要因の中でメンタルが占めた割合がきっと大きかったはず。

ある意味リスクが高かったのでしょうが、前に出て左フックを振るというスタイルがはまった。

体格の小さなコットがそれするかーみたいな、意外性(つまり相手の裏をかいた)も効いたんじゃないかな。

ところがカネロ相手のビッグマッチでコットは戦略的に戦った。

思い切りの良さがなかった。

アウトボクシングをするコットには凄みがない。

スキルは高いのですが、相手を捌いている感があまりない。

カネロの力強さだけが目立つ絵図らになってしまった。

マルガリート戦のフラッシュバックですわ。

負のイメージを一旦作ってますから尚更ね。

例えばメイウェザーアウトボクシングには負のイメージ(相手のペース、逃げている感)がまったくない。

だからジャッジもポイントを与える。

スコアが一方的になった要因でしょう。(ジャッジはあくまで主観ですから、いくら採点基準を明確化したところで)

それと本来、点で合わせるオフェンススタイル(天才型プエルトリカンスターに共通しているとも言える、フェリックス・トリニダード、ウィルフレド・ゴメス、エドウィン・ロザリオなど)はプレッシャーをかけられ続けると見栄えが途端に悪くなる。線が細くなるというか。

一方、カネロには迷いがなく思い切りが良かった。

ポジティブに無理なく自分のストロングポイントを出せた方が勝つ。

メキシカン対プエルトリカンは、今までも、多分これからも。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20151121124627j:plain

David Sanborn : Upfront

Tracklist

1. Snakes

2. Benny

3. Crossfire

4. Full House

5. Soul Serenade

6. Hey

7. Bang Bang

8. Alcazar

9. Ramblin'

Credits

Alto Saxophone – David Sanborn, Stan Harrison (tracks: 7)

Arranged By – Marcus Miller (tracks: 9)

Arranged By [Horns] – Lenny Pickett (tracks: 3), Marcus Miller (tracks: 2 to 4, 6), Uptown Horns (tracks: 5)

Baritone Saxophone – Crispin Cioe (tracks: 5)

Bass Clarinet – Marcus Miller (tracks: 1, 3, 4, 6, 8)

Bass Guitar – Marcus Miller

Drums – Steve Jordan (tracks: 1 to 6, 8, 9)

Flute [Alto] – John Purcell (tracks: 2)

Guitar – Chris Bruce (tracks: 3, 4), Cornell Dupree (tracks: 5), Eric Clapton (tracks: 4), Hiram Bullock (tracks: 3), Marcus Miller (tracks: 1, 8), William "Spaceman" Patterson* (tracks: 1, 3, 4, 6 to 9)

Keyboards – Marcus Miller (tracks: 1 to 4, 6, 8)

Organ [Hammond B-3] – Richard Tee (tracks: 5), Ricky Peterson (tracks: 1 to 4, 6, 8, 9)

Percussion – Don Alias (tracks: 1, 3, 4, 6 to 8), Nana Vasconcelos* (tracks: 8)

Piano – Ricky Peterson (tracks: 7)

Producer – Marcus Miller

Recorded By, Mixed By – Joe Ferla

Saxello – John Purcell (tracks: 1, 8)

Sopranino Saxophone – David Sanborn (tracks: 1, 8)

Sounds [Synthesizer Programming] – Jason Miles (tracks: 1 to 3, 6, 8)

Tenor Saxophone – Arno Hecht (tracks: 5), John Purcell (tracks: 3, 4, 6), Lenny Pickett (tracks: 7)

Trombone – Art Baron (tracks: 7), Bob Funk (tracks: 5), Dave Bargeron (tracks: 2, 4, 6, 7)

Trumpet – Earl Gardner (tracks: 7), Herb Robertson (tracks: 9), Laurie Frink (tracks: 7), Hollywood Paul Litteral* (tracks: 5), Randy Brecker (tracks: 3, 4)

Tuba – Dave Bargeron (tracks: 2) 

 

f:id:duran3616:20151121124628j:plain

Incognito : Surreal

Tracklist

1. The Less You Know

2. Goodbye To Yesterday

3. Above The Night

4. Ain't It Time

5. Capricorn Sun

6. Don't Wanna Know

7. Restless As We Are

8. Rivers On The Sun

9. Don't Break Me Down

10. The Stars From Here

11. To Be With You

12. This Must Be Love

13. The Way You Love

14. Thoughtful Fantasies

Companies, etc.

Phonographic Copyright (p) – Shanachie Entertainment

Recorded At – Cream Studios, UK

Recorded At – Swazi Sound Studio

Recorded At – Higher Ground (3)

Mixed At – Cream Studios, UK

Mastered At – Cream Studios, UK

Credits

Arranged By [Horns] – Jamie Anderson (2) (tracks: 9, 14), Sid Gauld (tracks: 3, 11, to 13), Trevor Mires (tracks: 1, 2, 4 to 6, 8)

Backing Vocals – Imaani, Bluey* (tracks: 11, 12), Maysa* (tracks: 1, 5, 6, 12), Mo Brandis (tracks: 1, 2, 5, 6, 11, 12), Natalie Williams (tracks: 3, 7), Vanessa Haynes (tracks: 1, 4, to 6, 9, 11, 12)

Bass – Alexei Elfenbein (tracks: 6, 8), Ernie McKone (tracks: 5), Francis Hylton (tracks: 1 to 4, 7, 9 to 12, 14), Richard Bull (tracks: 13)

Design – Mitchy Bwoy

Drums – Francesco Mendolia (tracks: 3 to 11, 14), Francis Hylton (tracks: 1), Jan Kinkaid (tracks: 2), Pete Ray Biggin* (tracks: 12), Richard Bull (tracks: 13)

Electric Piano [Fender Rhodes] – Matt Cooper (tracks: 14)

Guitar – Eric Appapoulay (tracks: 1), Francis Hylton (tracks: 1), Richard Bull (tracks: 13)

Guitar [Guitars] – Bluey* (tracks: 1 to 12, 14)

Harp – Camillia Pay

Keyboards – Francis Hylton (tracks: 1), Matt Cooper (tracks: 3 to 13), Mo Brandis (tracks: 2), Ski Oakenfull (tracks: 14)

Lead Vocals – Maysa* (tracks: 1, 5), Mo Brandis (tracks: 1, 6, 12), Nathalie Williams* (tracks: 3, 7,10), Vanessa Haynes (tracks: 4, 9, 11)

Management – Nigel Conway

Management [Executive Assistant], Photography By – Takami Maunick

Percussion – Francis Hylton (tracks: 1), João Caetano (3) (tracks: 2 to 6, 8 to 12, 14), Richard Bull (tracks: 13), Steve Thornton (tracks: 7, 9)

Photography By – Giuliano Eboulia, Jose Lasheras

Producer – Francis Hylton (tracks: 1), Bluey*, Matt Cooper (tracks: 11), Mo Brandis (tracks: 2, 6), Richard Bull (tracks: 13), Ski* (tracks: 14)

Recorded By – Mo Brandis, Richard Bull Recorded By, Mixed By, Mastered By – Mo Hausler

Saxophone [Saxophones], Flute [Flutes] – Jamie Anderson (2)

Trombone – Alistair White (tracks: 3, 7, 9 to 14), Trevor Mires (tracks: 1, 2, 4 to 6, 8)

Trumpet, Flugelhorn – Sid Gauld

Vocals – Imaani (tracks: 13), Bluey* (tracks: 8), Maysa* (tracks: 14), Mo Brandis (tracks: 13, 14), Nathalie Williams* (tracks: 10), Vanessa Haynes (tracks: 13, 14)

Notes

Recorded, mixed, & mastered in the Blue Room at Cream Studios.

Additional recording at Higher Ground, Swazi Sound Studio.

(P) 2012 Shanachie Entertainment Corp.