読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレンス・クロフォード vs.レイムンド・ベルトラン

f:id:duran3616:20141202095707j:plain

 

Date: 2014-11-29

Where: CenturyLink Center, Omaha, Nebraska, USA

Division: lightweight (135 lbs, 61.2 kg)

Title: WBO World lightweight title

Terence Crawford 24-0-0 (17KO)

 vs

Raymundo Beltran 29-6-1 (17KO)

Result: Terence Crawford def. Raymundo Beltran (unanimous decision, 119-109, 119-109, 120-108) 

 

ホームタウン、ネブラスカ州オマハで行われたこの試合、クロフォードは難敵ベルトランを無難に捌ききって完勝。

ボクサータイプとファイタータイプの噛み合った試合というよりは、クロフォードが試合を完全に支配したという印象です。

試合中、クロフォードが左構えでいた時間は29分25秒。

ストップウォッチ片手に観戦してしまいました(笑)

「こいつどれくらい左で戦うんだろう?」という単純な興味から。

結果的にサウスポーに上手く対処できないベルトランに対しては効果的でした。

まあクロフォードは戦略的にファイトしたのかなと。

ベルトランは前に出ども手は出ずで、クロフォードの滑らかなフットワークとシャープな右ジャブに成す術がなかった。

 クローフォードの美点はバランスの良さ。

下がりながらでもスムーズにシャープなパンチが出せる。

それもワン、ツー、スリーまで出るんですね。

追う側のファイタータイプにとっては厄介この上ない。

右構えの時の方がオフェンシブな印象があるのですが、アウトボクシングするときは左構えの方が“相手を捌いている感”が出ますね。

ハグラーと逆だな。

ハグラーはもっと頻繁にスタンスをスイッチして戦うのですが、“GOスイッチ”が入ると右構えで戦う割合が増えるんですよね。

お互い、意識はしていないでしょうけど。

クロフォードへのリクエストはチャンスでもっとパンチを纏めること。

もっと手数にメリハリがあると良い。

カウンターを食って相手がひるんだ時などもっとガーッと行くとかね。

スタミナはありそうなのでやればできるでしょ。

シュガー・レイ・レナードの良い意味での客受けする試合ぶりが参考になるのでは。

 

 

【関連記事】

 

レイムンド・ベルトラン - Surfaceレイムンド・ベルトラン - Surface

11月29日にテレンス・クロフォードのタイトルに挑むレイムンド・ベルトランを取り上げます。アリゾナ州フェニックス在住のメキシカン、33歳。元マニー・パッキャオの...

 

テレンス・クロフォード vs.ユリオルキス・ガンボア - Surfaceテレンス・クロフォード vs.ユリオルキス・ガンボア - Surface

Date: 2014-06-28Where: CenturyLink Center, Omaha, Nebraska, USADivision: lightwe...

 

  リッキー・バーンズ vs.テレンス・クロフォード - Surface  リッキー・バーンズ vs.テレンス・クロフォード - Surface

Date: 2014-03-01Where: Scottish Exhibition Centre, Glasgow, Scotland, UKDivision...

 

 テレンス・クロフォード vs.アンドレイ・クリモフ - Surface テレンス・クロフォード vs.アンドレイ・クリモフ - Surface

Date: 2013-10-05Where:AmwayCenter, Orlando, Florida, USADivision: lightweight (1...

 

 クロフォード-プレスコット - Surface クロフォード-プレスコット - Surface

見つけたので貼っときましょ。http://www.streamhunter.co/watch-breidis-prescott-vs-terence-crawf...

 

 テレンス・クロフォード - Surface テレンス・クロフォード - Surface

今週末、米国ダラスで行われるマイキー・ガルシア-ファンマ・ロペスのアンダーカードにエントリーしているテレンス・クロフォードにフォーカスします。激戦区スーパーライ...