読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー クロフォード - モリーナ

BOXING FIGHT REVIEWS MUSIC

 

f:id:duran3616:20161210134145j:plain

Date: 2016-12-10

Where: CenturyLink Center, Omaha, Nebraska, USA

Division: light welterweight (140 lbs, 63.5 kg)

Title: WBC and WBO World super lightweight titles

Result: Terence Crawford def. John Molina Jr (TKO at 2:32, round 8) 

 

f:id:duran3616:20161211164149p:plain

 

マッチアップ:★★

スリル:★★★

スキル:★★★

印象度:★★★

 

 

モリーナの体重超過については、何もコメントしたくない。

惨敗したわけだし、どうでも良いというか。

試合はオマハのヒーローが地元でプロモーションファイトを披露。

スイッチングサウスポーとしてのスタイルを確立した感のあるクロフォードは、リング上でオーソドックススタンスを見せることがほとんどなくなった。

どういうときにオーソドックスに戻すのかという疑問すら浮かばない。

僕としてはね、試合の中で状況に応じてスイッチする様を確認したいところなのだが。

彼の戦略は、僕の想像しているものと違うのかもしれない。

戦力的なキモになるので、メディアのインタビューなどでは軽々しくそのあたりをしゃべるわけないしね。

サウスポーとしての戦術的な引き出しも確実に増えてきている。

モリーナ戦はそのお披露目式みたいな感じだった。

テレンス君の美点は、足を動かしながら(フットワークは左回りのサークリングがほとんど)手が良く出ること。

リスクマネジメントしながら同時にオフェンスしているわけで、

効率が大変良いのだ。

単純にカウンターを取っているわけではない。

モハメド・アリ的な戦術ではあるのだけど、ジャブも突かずにただ前に出てくる相手には実に効果的。

ボクサータイプがファイタータイプを捌いているというのとはちょっと違う。

ストレート主体であること、

下がりながらもパンチを差し込むアングルとタイミングを執拗に計っていること、

肩の関節が柔らくてストレートが突き刺すように伸びること、

そして何より勘が良いこと。

それら条件が揃うことで成立するスタイル。

サウスポースタンスの方がメリットを出しやすいのかも。

6R中盤、下がりながらの左アッパーのボディ2連発なんて、あまりお目にかからないコンビネーション。

しかもスイッチングサウスポーがそれをやるのだから感心する。

彼のストロングポイントが凝縮されたワンシーンだったと思う。

地元ネブラスカ州オマハの観客のボルテージは相変わらず高く、雰囲気も素晴らしい。

ローカルヒーローを熱く応援する観客席の絵図らが良いね。

クロフォードの試合では毎回感じることなのだが。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20161210173433j:plain

Dave Holland : Prism

Tracklist

1. The Watcher

 Composed By – Kevin Eubanks 6:56

2. The Empty Chair (For Clare)

 Composed By – Dave Holland 8:31

3. Spirals

 Composed By – Craig Taborn 8:46

4. Choir

 Composed By – Eric Harland 4:49

5. The Color Of Iris

 Composed By – Kevin Eubanks 7:27

6. A New Day

 Composed By – Dave Holland 7:51

7. The True Meaning Of Determination

 Composed By – Craig Taborn 9:19

8. Evolution

 Composed By – Kevin Eubanks 10:24

9. Breathe

 Composed By – Eric Harland 5:40

Companies, etc.

Recorded At – Sear Sound

Mixed At – Sear Sound

Mastered At – Sterling Sound

Credits

Artwork [Prism Art] – Kevin Byrd

Bass – Dave Holland

Design – Susan Archie

Drums – Eric Harland

Engineer – James Farber

Engineer [Assistant Engineer] – Chris Allen, Ted Tuthill

Executive-Producer – Louise Holland

Guitar – Kevin Eubanks

Mastered By – Greg Calbi

Photography By – Ulli Gruber

Piano, Electric Piano [Fender Rhodes] – Craig Taborn

Producer – Dave Holland 

 

f:id:duran3616:20161210173434j:plain

山中千尋 : SOMETHIN' BLUE

Tracklist

1. Somethin' Blue 8:31

2. Orleans 4:32

3. I Have A Dream

 Written-By – Herbie Hancock 5:59

4. Un Poco Loco

 Written-By – Bud Powell 5:51

5. Funiculi Funicula

 Written-By – Traditional 6:29

6. A Secret Code 4:56

7. Pinhole Camera 5:44

8. For Real 5:31

9. On The Shore 6:44

10. You're A Fool, Aren't You 5:56

11. Go Go Go 4:41

Companies, etc.

Phonographic Copyright (p) – Blue Note Records

Copyright (c) – Blue Note Records

Record Company – Universal Classics & Jazz

Marketed By – Universal Music LLC

Distributed By – Universal Music LLC

Recorded At – East Side Sound

Credits

Arranged By, Piano, Producer – Chihiro Yamanaka

Bass – Yasushi Nakamura

Drums – Kendrick Scott, Mark Whitfield Jr. (tracks: 11)

Guitar – Lage Lund

Mastered By – Greg Calbi

Recorded By, Mixed By – Eric Elterman, Lou Holtzman

Saxophone – Jaleel Shaw

Trumpet – Benny Benack III

Written-By – Chihiro Yamanaka (tracks: 1,2,6-11)

Notes

Recorded at Eastside Sound, NYC / April 19,20,21,22 2014