読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ELECOM USB2-FS05

USBケーブル

 

PC → USB-DACを繋ぐUSBケーブルを交換しました。

オーディオグレードではなくスタンダードなケーブル。

 

フェライトコアのノイズ軽減に期待しているわけではないのですが、

コスト:1K前後

長さ:50cm

という条件に単純に合致したから。

 

USBケーブル 

 

柔軟性はあるので取り回しで余計なストレスがかからなくて良い。

DAC付属のケーブルは長過ぎて硬かったので取換える意味はあるのです。

USBケーブルで音質改善を図る気はないのでこれで十分。

エーワイ電子 Web Shop/商品詳細 データ専用USBケーブル(OFC)

↑合理性を感じるこれも検討したのですが、使用しているDACのメーカー(ラトック)に問い合わせたところ、

「認識しないでしょう。」という回答だったので止めました。

エーワイ電子 Web Shop/商品詳細 データ専用USBケーブル汎用版(Improved)

↑これは認識しそうですが、ケーブルに9Kは出せませんし、バスパワーのみで可動するDAC用っぽいので止めました。

オーディオ用高級USBケーブルの意義を考える

↑この記事を参考にしました。エレコムのケーブルもここで知りました。

 まあ結局僕が使っている『RAL-2496HA1』は外部電源を使用していてバスパワー供給を遮断しています。

それを証明するために、ACアダプターのコンセントプラグを電源タップから抜いた状態でUSBケーブルをPCに繋いでも機器を認識しませんし通電もしません。

つまり電流が流れていないわけです。

であればデータ専用USBケーブルは必要ないかなと。

 

本日の獲物

 

f:id:duran3616:20150130121022j:plain

Grant Green : Grant's First Stand

Tracklist

1.  Miss Ann's Tempo

  Written-By – Grant Green

2.  Lullaby Of The Leaves

  Written-By – Petkere*, Young*

3.  Blues For Willarene

  Written-By – Green*

4.  Baby's Minor Lope

  Written-By – R. Willette*

5.  Ain't Nobody's Business If I Do

  Written-By – Robbins*, Grainger*

6. A Wee Bit O' Green

  Written-By – Green*

Companies etc

Recorded At – Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

Credits

Design [Cover] – Reid Miles

Drums – Ben Dixon

Guitar – Grant Green

Liner Notes – Robert Levin (2)

Organ – 'Baby Face' Willette

Photography By [Cover Photo] – Francis Wolff

Producer – Alfred Lion

Recorded By [Recording By] – Rudy Van Gelder

Notes

Recorded January 28, 1961. 

 

f:id:duran3616:20150130121021j:plain

Freddie Hubbard : Here To Stay

Tracklist

1. Philly Mignon

  Written By – Freddie Hubbard 5:28

2. Father And Son

  Written By – Cal Massey 6:34

3. Body And Soul

  Written By – Heyman*, Eyton*, Green*, Sour* 6:25

4. Nostrand And Fulton

  Written By – Freddie Hubbard 7:07

5. Full Moon And Empty Arms

  Written By – Kaye*, Mossman* 5:25

6. Assunta

  Written By – Cal Massey 7:05

Credits

Bass – Reggie Workman

Drums – Philly Joe Jones*

Piano – Cedar Walton

Tenor Saxophone – Wayne Shorter

Trumpet – Freddie Hubbard

Notes

Recorded on December 27, 1962 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey. Digitally re-mastered at Capitol Recording Studios, Hollywood. This album was scheduled for release as BST 84135 in 1963 but was never issued. It first appeared as part of a Hubbard double album (BNLA 496-2) in 1976. It is issued here for the first time with the original Reid Miles cover from 1963.  

広告を非表示にする