読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー フランプトン-ゴンザレスJr

BOXING FIGHT REVIEWS MUSIC

f:id:duran3616:20150722102504j:plain

 

Date: 2015-07-18

Where: Don Haskins Convention Center, El Paso, Texas, USA

Division: super bantamweight (122 lbs, 55.3 kg)

Title: IBF World super bantamweight title

Carl Frampton 

 vs

Alejandro Gonzalez Jr 

Result: Carl Frampton def. Alejandro Gonzalez Jr (unanimous decision, 116-108, 116-108, 115-109) 

        Carl Frampton        Alejandro gonzalez Jr

f:id:duran3616:20150722163033p:plain

BoxRec

 

北アイルランドのベルファースト出身、ニックネームがジャッカルとあまりにも勇ましくわかりやすいキャラのフランプトンが全米ネットワークに初登場。

アル・ヘイモン傘下に入ったこともあり本格的に北米で売り出すつもりなのか。

東海岸や西海岸ではなく、テキサスで試合を組んだというところにキャリアプランの戦略的な意図が垣間見える気がします。

相手もゴンザレスJrだし。

ということでタイプ的な好き嫌いは別にして注目してました。

ゴンザレスJrは初見です。

スピードも力強さもないですが下からパンチが出てくるちょっと嫌らしいタイプですね。

ローブローが当たり前という感じで、それは結果的にフランプトンにストレスを与え調子付かせない要因になっていました。

初回に2度ダウンを奪いましたが(ジャブのカウンターと打ち下ろしの右を当てて)、フランプトンが初の英国外の試合で硬くなっていたためでしょう。

大したダメージはなく、逆に硬さがとれたのか以後はフランプトンがペースをとって無難にラウンドを消化していきました。

声援は明らかにゴンザレスJrの方が大きいことから、かなりのアウェー感を感じる中でフランプトンはきっちり試合を作って勝利したことから、まあ実力がないわけではないようです。

この日は得意のクリンチワークを控えていましたがマッチアッップ相手のレベルが上がるとアグリーな展開になるのがね。ちょっと。

短身ですがジャブの手数が多いのが長所なのでもっとフットワークを使って動いた方が見栄え的にも戦術的もハマる気がするのですが、どうでしょう。

マネージャーのバリー・マクギガン(往年のフェザーウェイトメジャータイトルホルダーでエウゼビオ・ペドロサやバーナード・テイラーに勝利)がリングサイドで観戦していましたが自身の北米デビューマッチでスティーブ・クルスにやられた悔しさを30年越しで晴らした気分かもしれませんね。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20150722132217j:plain

Hank Mobley : No Room For Squares

Tracklist

1. Three Way Split Written-By – Hank Mobley 7:47

2. Carolyn Written-By – Lee Morgan 5:28

3. Up A Step Written-By – Hank Mobley 8:29

4. No Room For Squares Written-By – Hank Mobley 6:55

5. Me 'N You Written-By – Lee Morgan 7:15

6. Old World, New Imports Written-By – Hank Mobley 6:05

Companies etc

Distributed By – Universal Music Distribution

PhonographicCopyright (p) – Blue Note Records

Copyright (c) – Blue Note Records

Pressed By – United Record Pressing

Credits

Bass – Butch Warren (tracks: A3, B3), John Ore (tracks: A1, A2, B1, B2)

Design [Cover] – Reid Miles

Drums – Philly Joe Jones*

Liner Notes – Joe Goldberg

Mastered By – Bernie Grundman

Photography By [Cover Photo] – Francis Wolff

Piano – Andrew Hill (tracks: A1, A2, B1, B2), Herbie Hancock (tracks: A3, B3)

Recorded By [Recording By] – Rudy Van Gelder

Tenor Saxophone – Hank Mobley

Trumpet – Donald Byrd (tracks: A3, B3), Lee Morgan (tracks: A1, A2, B1, B2)

Notes

Recorded on March 7 (A3, B3) and October 2 (all others), 1963  

 

f:id:duran3616:20150722132216j:plain

 

Cecil Taylor : Unit Structures

Tracklist

1. Steps

2. Enter Evening (Soft Line Structure)

3. Unit Structure / As Of A Now / Section

4. Tales (8 Whisps)

Companies etc

Recorded At – Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

Credits

Alto Saxophone – Jimmy Lyons (2)

Alto Saxophone, Oboe, Bass Clarinet – Ken McIntyre

Bass – Alan Silva, Henry Grimes

Design [Cover] – Reid Miles

Drums – Andrew Cyrille

Photography By [Cover Photo] – Francis Wolff

Piano, Bells, Liner Notes, Composed By – Cecil Taylor

Producer – Alfred Lion

Recorded By [Recording By] – Rudy Van Gelder

Trumpet – Eddie Gale Stevens Jr.*

Notes

Recorded on May 19, 1966. "VAN GELDER" is stamped into the run out groove of both sides.

Label is blue and white, with "Blue Note Records Inc • New York USA".

Back cover reads "43 West 61st St., New York, N.Y. 10023".