Twitch bait

 

と勝手にカテゴライズしているプラグについて、

 

 

f:id:duran3616:20170223123411j:plain

 

これは所謂ジャークベイト。

eBayなどで買い物していると気づくけど、海外ではミノーとはあまり言わない。

「クランクベイト」とか、「ジャークベイト」とか 、「リップベイト」とかそんな分類をしているのがほとんど。

一方日本ではルアーフィッシングの中心とも言えるバス釣り文化がガラパゴス的に進化、多様化、細分化していているために独自にプラグを分類している。

バスは基本的に淡水止水域の魚だ。

リザーバーのバックウォーターや川バスなどの例外はあるにせよ、流れ(水通し)を重視した釣りはしない。

対象は様々だけどカバーの方がより重視される。

魚を探るレンジに関してもシャローからディープまで様々でロケーションに応じて狙いを絞る感じ。

急流域浅瀬で魚を探すことは普通ない。

それが一般的なのはトラウトだが、ルアーとフライにアングラー(マーケット)が散っているためか、この釣りを好むアングラーの趣向性によってか保守的で閉塞感のある印象。

バス釣りに比べてね。

魚影が決して濃いわけではないこと、フィッシングプレッシャーの影響や魚(ヤマメとかイワナ)のプラグへの反応の問題などもあり、射程の短い余裕のない釣りになってしまう傾向。

渓魚相手にサーフェイスプラグを使っても良いと思うけどね。

バスだってスズキだってトップで釣るためにはある程度条件が揃わなければならない。

渓魚だってトップに出せるチャンスはあるはず。

その状況さえ見極められれば。

なんだか勝手に自分の釣りのハードルを上げてしまったが、まあスタンダードを踏襲するより試行錯誤が好きなので宣言せずとも遊んでいれば自然とそうなる。

 僕はへそ曲がりなのかも。

で、トゥイッチベイトなのだが、これは試行錯誤の末行き着いた川の釣りの結論というか、妥協の産物というか、消去法的に選択したものというか、既存のものがあまり役に立たないのでアジャストしたものというか、うーん説明しずらい。

釣りの趣向 × ロケーション × 戦術トゥイッチベイト

ロッドでプラグを操作して魚を誘いたい(釣りの趣向)

流速のあるシャローエリア(ロケーション)

流れを利用したプレゼンテーション(戦術)

これに付け加えるとしたらオートマチックなプラグのアクションに対する嫌悪感かな。

 

f:id:duran3616:20170224122131j:plain

 

X-Rapを自分の釣りに合わせて改造。

この手をトゥイッチベイトと言っている。

ノーマルとの違いは、

レンジ、

引き抵抗、

オートマチックなアクション。

決して集魚力を高めているのではなく、自分が現場で使いやすくしているだけ。

だから参考にはならないとお断わりを。

リップカットしているからといって抜ける動き(ダート)を拠り所にしているわけでもない。

もっと自然なもの。

流れの変化(強弱)や落ち込み(プチ滝)や風やラインの影響(浮き沈みなど)によって生まれるプラグの動き(アクションではなく姿勢変化や上下動)を集魚力のキーにしている。

その部分のメリハリをナチュラルに出すためにはプラグのオートマチックアクションは排除する必要がある。

だからトゥイッチベイトはほとんどアクションしない。

その分流れの変化に見事にリンクしてくれる。

プラグの側面から流れを受けた時の影響がジャークベイト(ウォブラー)より大きい。

流れに一瞬もっていかれて、また直ぐにポジションを戻す一連の動きが大事で、

僕が重要視する点だ。

トゥイッチベイトに改造するときはそのリアクションをチェックしながらやっている。

そしてプラグは扁平な形状より丸い方が絶対に良い。

だから僕の使うトゥイッチベイトは丸くラウンドしたボディ形状のみ。

マイペンシルベイトも発想が近いのでやはり丸い。

フラッシング的な集魚要素はほとんどないけど、別に要らないと思っている。

 

f:id:duran3616:20170224122222j:plain

 

K-TENはリップをすべてカットしても結構泳いでしまうのだが、それはそれで良い。

ノーアクション化を完全肯定しているわけではない。

状況によっては手のひら返しで泳ぎ上手な子を評価することもあるから。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170222175124j:plain

Tony Fruscella : Tony Fruscella

Tracklist

A1. Salt

 Written-By – Phil Sunkel 4:35

A2. His Master's Voice

 Written-By – Phil Sunkel 5:25

A3. Old Hat

 Written-By – Phil Sunkel 3:15

A4. Blues Serenade

 Written-By – Lane*, Adamson* 5:07

A5. Let's Play The Blues

 Written-By – Phil Sunkel 4:05

B1. I'll Be Seeing You

 Written-By – Kahal*, Fain* 3:14

B2. Muy

 Written-By – Phil Sunkel 5:35

B3. Metropolitan Blues

 Written-By – Phil Sunkel 5:00

B4. Raintree County

 Written-By – Phil Sunkel 5:11

Credits

Baritone Saxophone – Danny Bank (tracks: A1, B2)

Bass – Bill Anthony (tracks: A1 To B5)

Composed By, Arranged By – Phil Sunkel

Drums – Junior Bradley (tracks: A1 To B5)

Engineer [Recording] – Frank Abbey

Liner Notes – Bill Simon

Photography By [Cover] – Hugh Bell

Piano – Bill Triglia (tracks: A1 To B5)

Supervised By – Nesuhi Ertegun

Tenor Saxophone – Allen Eager (tracks: A1 To B5)

Trombone – Chauncey Welsch (tracks: A1, B2)

Trumpet – Tony Fruscella (tracks: A1 To B5)

Notes

A1, B2...Recorded New York on March, 1955.

The other cuts were recorded in New York on April, 1955.  

 

f:id:duran3616:20170222175123j:plain

Willie Nelson Wynton Marsalis : Two Men with the Blues

Tracklist

A1. Bright Lights, Big City

 Written-By – Jimmy Reed 5:20

A2. Night Life

 Written-By – Paul Buskirk, Walter Breeland, Willie Nelson 5:44

A3. Caldonia

 Written-By – Fleecie Moore 3:25

B1. Stardust

 Written-By – Hoagy Carmichael, Mitchell Parish 5:08

B2. Basin Street Blues

 Written-By – Spencer Williams 4:56

C1. Georgia On My Mind

 Written-By – Hoagy Carmichael, Stuart Gorrell 4:40

C2. Rainy Day Blues

 Written-By – Willie Nelson 5:43

D1. My Bucket's Got A Hole In It

 Written-By – Clarence Williams 4:56

D2. Ain't Nobody's Business

 Written-By – Porter Grainger 7:27

D3. That's All

 Written-By – Merle Travis 6:08

Credits

Artwork By [Art Direction & Design] – Carla Leighton

Bass – Carlos Henriquez

Drums – Ali Jackson Engineer [Mixing Assistant] – Justin Colletti

Engineer [Recording Assistant] – Hardi Kamsani, Jeff Rothman

Engineer [Remix & Additional Editing Assistant] – Norman G. Bullard*

Executive Producer – Mark Rothbaum

Harmonica – Mickey Raphael

Mastered By – Leon Zervos

Mixed By – Delfeayo Marsalis, The Jedi Master*

Other [Concert Producer] – André Guess

Photography – Danny Clinch

Piano – Dan Nimmer

Recorded By – John Harris, Rob Macomber Remix, Edited By [Additional] – Jeff Jones (tracks: Jedi Master, The)

Saxophone – Walter Blanding

Vocals, Guitar – Willie Nelson

Vocals, Trumpet – Wynton Marsalis

Notes

Recorded live on January 12 and 13 , 2007 in "The Allen Room", Fredrick P. Rose Hall, Home of Jazz at Lincoln Center, New York, NY.

Mixed at "Pilot Recording Studios", New York, NY.

Remix and additional editing at "World Alert Music", New York, NY.

Mastered at "Sterling Sound"  

広告を非表示にする