読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

F2-57Xのグリップ

 

F2-57Xグリップ

 

の取り外し作業をした。

手こずるだろうなと予想していたが、いやはや手強かった。

グリップの交換作業で一番重いパートはデフォルトの解体作業なのだ。

作業の流れとしては、

EVAの引き剥がし →

バットエンドの取り外し →

リールシートの取り外し(破壊)→

カーボンパイプの取り外し(破壊)→

ブランクスのバット部表面処理

以上

使用する工具は、

・ペンチ×2

・マイナスドライバー×2

・鉄工用ヤスリ

・カッター

・アルコールランプ(キッチンのガス台でも良いが行ったり来たりが面倒)

・パイプカッター(カーボンパイプの解体に使ったが便利だった)

まあ一般的に2時間くらい作業時間をみた方が良い。

今回は3時間かかった。

メガバス恐るべし。

 

F2-57Xグリップ

 

フォアグリップのEVAを取り去った状態。

カーボンパイプで覆われていないのはここだけ。

 

F2-57Xグリップ

 

カーボンパイプで延長しているが、グリップ部のブランクスの長さは 15cm。

ロッドの総重量を考えるとブランクスをグリップエンドまで貫通させない理由がわかるが、

その割にはカーボンパイプを4重にも重ねている理由がよく解らない。

補強のためなら、他にやり方があるような気がするし、

感度アップのためだろうか?

 

F2-57Xグリップ

 

しつこいくらいカーボンパイプを重ねている。

ちょうどパーミングする位置辺りが特にくどい。

でも支点はフォアグリップ中央。

バランスが悪くなる理由は明らか。

カーボンパイプの解体作業が一番大変で作業時間の7割がそれだった。 

 

F2-57Xグリップ

 

ようやくグリップを取り外してみるとワインディングチェックより下は15cmしかない。

ライトなバスロッドだから使い方を考えればこれで良いのかもいしれないが。

実寸の設計図を作り、サイズ確認してパーツリストを作り、予算組み。

ロッドよりもグリップの方がコストがかかりそうだ。

 

 本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170120203552j:plain

Herbie Hancock : The New Standard

Tracklist

1. New York Minute

 Written-By – Danny Kortchmar, Don Henley, Jai Winding 8:33

2. Mercy Street

 Written-By – Peter Gabriel 8:36

3. Norwegian Wood

 Written-By – John Lennon-Paul McCartney* 8:04

4. When Can I See You

 Written-By – Kenny "Babyface" Edmonds* 6:15

5. You've Got It Bad Girl

 Written-By – Stevie Wonder, Yvonne Wright 7:13

6. Love Is Stronger Than Pride

 Written-By – Andrew Hale, Sade Adu, Stuart Matthewman 7:57

7. Scarborough Fair

 Written-By – Paul Simon-Art Garfunkel* 8:21

8. Thieves In The Temple

 Written-By – Prince 7:30

9. All Apologies

 Written-By – Kurt Cobain 5:04

10. Manhattan (Islands Of Lights And Love)

 Written-By – Herbie Hancock, Jean Hancock 4:05

11. Your Gold Teeth II

 Written-By – Donald Fagen, Walter Becker 5:14

Credits

Acoustic Bass – Dave Holland

Acoustic Guitar, Electric Guitar, Sitar [Electric] – John Scofield

Arranged By – Bob Belden, Herbie Hancock

Art Direction – Patricia Lie Bass Clarinet, Flute – Gary Herbig (tracks: 2, 3, 6)

Bass Trombone – Maurice Spears (tracks: 2, 3, 6)

Cello – Cameron L. Stone* (tracks: 2 to 4, 6)

Coordinator [Production Coordinator] – Camille Tominaro, Melinda Murphy

Coordinator [Release Coordinator] – Nate Herr

Design – Gary St. Clare, Michael Tobias

Design Drums, Percussion [Electric] – Jack DeJohnette

Engineer [Assisted By] – John Scheunemen, Richard Clarke

Flute, Alto Flute – Sam Riney (tracks: 2, 3, 6), William E. Green* (tracks: 2, 3, 6)

French Horn – Suzette Moriarty (tracks: 2, 3, 6)

Mastered By – Scott Hull

Mixed By – Raymond E. Blair

Oboe, English Horn – Gene Cipriano (tracks: 2, 3, 6)

Percussion – Don Alias

Photography By – James R. Minchin, III*

Photography By [On Black & White Side] – Jimmy Katz

Piano – Herbie Hancock

Producer – Guy Eckstine, Herbie Hancock

Producer [Associate], Mixed By [Assistance] – Darrell Smith

Recorded By [Strings, Horns, Woodwinds] – Joel Moss

Recorded By, Engineer – John Pace

Tenor Saxophone, Soprano Saxophone – Michael Brecker

Trumpet, Flugelhorn – Lester Lovitt* (tracks: 2, 3, 6), Oscar Brashear (tracks: 2, 3, 6)

Violin – Lili R. Haydn* (tracks: 2 to 4, 6), Margaret R. Wootn* (tracks: 2 to 4, 6), Richard S. Greene* (tracks: 2 to 4, 6) 

 

f:id:duran3616:20170120203551j:plain

Bud Powell : The Amazing Bud Powell Vol.2

Tracklist

A1. Reets And I

 Written-By – Bennie Harris*

A2. Autumn In New York

 Written-By – Vernon Duke

A3. I Want To Be Happy

 Written-By – Vincent Youmans

A4. It Could Happen To You

 Written-By – Burke-Van Heusen*

A5. Sure Thing

 Written-By – Gershwin*, Kern*

A6. Polka Dots And Moonbeams

 Written-By – Burke-Van Heusen*

B1. Glass Enclosure

 Written-By – Bud Powell 2:21

B2. Collard Greens And Black Eyed Peas

 Written-By – Pettiford* 3:04

B3. Over The Rainbow

B4. Audrey

 Written-By – Bud Powell 2:55

B5. You Go To My Head

B6. Ornithology

Credits

Artwork – John Hermansader

Bass – George Duvivier

Drums – Arthur Taylor*

Photography By – Francis Wolff

Piano – Bud Powell