読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー ジャック-グローブス

f:id:duran3616:20150911090137p:plain

Date: 2015-09-12

Where: MGM Grand, Las Vegas, Nevada, USA

Division: super middleweight (168 lbs, 76.2 kg)

Title: WBC World super middleweight title

Result: Badou Jack def. George Groves (split decision, 116-111, 113-114, 115-112) 

          Badou Jack vs. George Groves

f:id:duran3616:20150916190446p:plain

BocRec

 

ジョージ・グローブス、三度目の正直ならず。

判定は割れましたが、結果に疑問の余地はないかな。

初回のダウンが響いたかも。

国外での試合は5度目ですし北米でも3度目ということから硬さはそれほどでもなかったでしょうが。

グローブスとしては、なんとなく様子見を決め込んでいたらジャックがいきなり鋭く踏み込んできて右を食ってしまったびっくりダウンって感じ。

油断というより体が反応しなかったのでしょう、隙をついたジャックもなかなかしたたかですが。

その後は持ち直しほぼ互角にファイトできたのは流石。

ただ、ダウンの影響でしょうかジャックの方がやや力強くて体で押している印象がありました。

ボクサータイプ同士どっちかが攻勢に出ないと試合が噛み合わないので、それをより意識していたのがジャックであり、試合を作っていたのかなと。

やっていることに大差はないんですけどね。

優劣を無理やり付けるとするとそこが判断基準かな。

グローブスはいいファイターなんですけど、ちょっとオフェンスが単調で読まれやすい。

ジャックの固いディフェンスを破綻させるほどのものはこの試合に関してはなかったですね。

ストレートパンチャーなんでしょうが、中途半端に左右のパンチ(特に右)が湾曲軌道なのも的中率に影響しているのでは。

それと左フックがあまりにも貧弱というか決め手になっていない。

このクラスのトップレベルとはちょっと差があるかもしれませんね。

フロッチを敗退寸前まで追い詰めた、あの試合は何だったのだろう。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20150916115152j:plain

Miles Davis : Miles Ahead

Tracklist

1. Springsville

2. Maids Of Cadiz

3. The Duke

4. My Ship

5. Miles Ahead

6. Blues For Pablo

7. New Rhumba

8. The Meaning Of The Blues

9. Lament

10. I Don't Wanna Be Kissed

Credits

Alto Saxophone – Lee Konitz

Arranged By, Conductor – Gil Evans

Bass – Paul Chambers (3)

Bass Clarinet – Danny Bank

Drums – Art Taylor

Flugelhorn – Miles Davis

Flute, Clarinet – Edwin Caine*, Romeo Penque, Sid Cooper

French Horn – Jim Buffington, Tony Miranda, Willie Ruff

Orchestra – Gil Evans Orchestra*

Trombone – Frank Rehak, Jimmy Cleveland, Joe Bennett*

Trombone [Bass] – Tom Mitchell*

Trumpet – Bernie Glow, Ernie Royal, Johnny Carisi*, Louis Mucci*, Taft Jordan

Tuba – Bill Barber

Notes

Columbia 2 eye 360 Stereo Sound label with white lettering which was used from 1963-1970.

Electronically Re-Channeled for Stereo. 

 

f:id:duran3616:20150916115151j:plain

Bob James : Foxie

Tracklist

1. Ludwig

 Arranged By, Adapted By – Bob James

 Bass – Gary King

 Drums – Steve Gadd

 Percussion – Ralph MacDonald

 Written-By – Beethoven* 6:44

2. Calaban

 Bass – Will Lee

 Drums – Peter Erskine

 Synthesizer – Rob Zantay*

 Written-By – B. James* 2:48

3. Fireball

 Bass – Will Lee

 Drums – Peter Erskine

 Percussion – Leonard "Doc" Gibbs*

 Written-By – B. James* 5:47

4. Zebra Man

 Bass – Marcus Miller

 Drums – Yogi Horton

 Guitar – Steve Khan

 Percussion – Leonard "Doc" Gibbs*

 Soprano Saxophone – David Sanborn

 Written-By – M. Miller* 6:07

5. Miranda

 Bass – Ron Carter

 Drums – Peter Erskine

 Percussion – Leonard "Doc" Gibbs*

 Written-By – B. James* 4:57

6. Marco Polo

 Bass – Marcus Miller

 Drums – Yogi Horton

 Guitar – Hugh McCracken, Steve Khan

 Percussion – Leonard "Doc" Gibbs*

 Written-By – B. James* 6:45  

Credits

Co-producer [Associate Producer] – Joe Jorgensen

Coordinator [Production] – Marion Orr

Cover [Cover Concept] – Peter Paul (4)

Design [Album Design] – John Berg, Peter Andrew Alfieri*

Engineer [Assistant] – Bruce Robbins

Management – Peter Paul (4)

Other [Hair] – Danny Wintrode

Other [Makeup] – Pru Walter

Other [Model] – Patricia Tracy

Other [Styling] – Johnno Du Plessis

Photography By – Herbert Schulz

Producer, Arranged By – Bob James

Recorded By, Mixed By – Joe Jorgensen  

Notes

Recorded and mixed at Minot Sound, White Plains, New York. Mastered at CBS Recording Studios, New York Gatefold sleeve