流速と浮力 2

 

f:id:duran3616:20170527184240j:plain

 

これの続き。

プラグの浮力と川の流れと集魚力の相関を無視できないと実感できるソメッドがある。

キャスト着水後に何もしない、所謂ほっとけ。

ドリフトでもなくテンションフリー、流れに任せるまま本当に何もしない。

アップストリームキャストして放出ラインキャパを十分取るのがポイント。

プラグはラインで繋がれているので100%テンションフリーにはならないんだけどね。

要はプカプカと上流から漂ってくるだけというのを演出する。

流芯をズラさないことも大事。

知っている人は知っているが、実は大変釣りやすいメソッドなのだ。

これに気づく切欠は人それぞれだろうが、例えば、

ベイトリールのバックラッシュを解こうと必死になっていたらキャストしたまま放っておいたプラグにバイトしてきたとか、

プラグをチェンジしようとしていたら誤って川に落としてしまい、そのまま流れていった先でバイトしてきたとか、

まあ瓢箪からこま的なシチュエーションだったりする。

ロッドワーク有りきのトップウォータープラッガーにとっては否定したいところだが、実際釣れてしまうので受け入れるしかない。

沈下するプラグでは出来ないのは言わずもがなだが、浮力が強すぎてもダメ。

ギリ浮く感じの微妙な浮力のプラグが圧倒的に強い。

桃太郎メソッド。

どんぶらこ上流から自然に流されてくるモノにスズキは案外弱い。

まったく面白みのない釣りになっちゃうけどね。

キャッチに使った写真のフッコは桃太郎メソッドが連れてきた。

プラグはバリソンミノー改。

ここ数年同様今春シーズンもフィールドの状況が極めて悪いので魚の所在は確認できていなかったが、帰り際に試してみたら食ってきた。

その時はトップオンリーで水面下のプレゼンは一切やっていなかったことも伏線になっているということを補足しておく。

いろいろ繋がりがあるということ。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170528120046j:plain

Marc Johnson : The Sound Of Summer Running

Tracklist

1. Faith In You 5:53

2. Ghost Town

 Written-By – Bill Frisell 5:35

3. Summer Running 5:56

4. With My Boots On 4:25

5. Union Pacific 5:29

6. Porch Swing 4:12

7. Dingy-Dong Day 3:51

8. The Adventures Of Max And Ben

 Written-By – Bill Frisell 6:08

9. In A Quiet Place

 Written-By – Eliane Elias, Marc Johnson 5:17

10. For A Thousand Years

 Written-By – Pat Metheny 6:28

Credits

A&R [Coordination] – Noel Grey

Bass, Written-By – Marc Johnson

Coordinator [Release] – Nate Herr

Drums, Tambourine – Joey Baron

Electric Guitar, Acoustic Guitar – Bill Frisell

Electric Guitar, Acoustic Guitar, Guitar [42-string Pikasso] – Pat Metheny

Engineer – Joe Ferla

Mastered By – Greg Calbi

Mixed By [Assistant] – Jim Caruana

Photography By – Merri Cyr

Photography By [Studio] – Jimmy Katz

Producer – Lee Townsend

Producer [Production Assistance] – Louisa Spier

Recorded By [Assistant] – Scott Young 

 

f:id:duran3616:20170528120043j:plain

Miles Davis : Miles In The Sky

Tracklist

A1. Stuff

 Written-By – M. Davis*

A2. Paraphernalia

 Guitar – George Benson

 Written-By – W. Shorter*

B1. Black Comedy

 Written-By – T. Williams*

B2. Country Son

 Written-By – M. Davis*

Credits

Artwork [Cover] – Victor Atkins

Bass – Ron Carter

Drums – Tony Williams*

Engineer – Arthur Kendy, Frank Laico

Photography By [Back Cover] – Hiro

Piano, Electric Piano – Herbie Hancock

Producer – Teo Macero

Tenor Saxophone – Wayne Shorter

Trumpet – Miles Davis  

 

広告を非表示にする