読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレブル13FT

MUSIC FISHING TACKLE

 

f:id:duran3616:20170217165736j:plain

 

#10サイズがあることを知り早速入手。

フェザーフックの効果はカワイルカなどで実感しており、

渓魚相手にも使ってみようかと。

ショートバイトを拾ってくれるイメージがあるのと、

魚力になんらかの影響を及ぼしているかどうかを検証したくて。

水絡みへの作用は間違いなくあるのでアクションは大人しくなるはず。

以外の釣りで使うマイクロプラグは改造し難い(ウェイトを付ければ沈んでしまうし、リップを削るとあまりにも別物になってしまう)ので、何かやれるとしたらこの程度。

 

f:id:duran3616:20170217170609j:plain

 

TKLM"8/9.5"のリアフックに。

どうも僕はマイクロプラグに馴染めないというか違和感がある。

キャストしても全然楽しくないし、

アクションさせてもダイナミックさがまったくでないし、

なんだかプラッギングしている感じがしない。

まあ実釣を重ねれば慣れるだろうけどね。

せめて8cmクラスのTKLMくらい使わないと渓魚釣りが嫌になるだろう。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170215173908j:plain

Stanley Jordan : Standards Vol.1

Tracklist

A1. The Sound Of Silence 4:03

A2. Sunny 5:00

A3. Georgia On My Mind 6:03

A4. Send One Your Love 4:12

A5. Moon River 5:48

B1. Guitar Man 6:10

B2. One Less Bell To Answer 4:26

B3. Because 4:13

B4. My Favourite Things 3:53

B5. Silent Night 

 

f:id:duran3616:20170215173907j:plain

The Charles Lloyd Quartet : Love-In

Tracklist

 A1. Tribal Dance

 Written-By – Charles Lloyd 10:03

A2. Temple Bells

 Written-By – Charles Lloyd 2:44

A3. Is It Really The Same?

 Written-By – Keith Jarrett 5:45

A4. Here There And Everywhere

 Written-By – John Lennon & Paul McCartney* 3:40

B1. Love-In

 Written-By – Charles Lloyd 4:44

B2. Sunday Morning

 Written-By – Keith Jarrett 7:55

B3. Memphis Dues Again / Island Blues

 Written-By – Charles Lloyd 8:57

Companies, etc.

Recorded At – Fillmore Auditorium

Copyright (c) – Atlantic Recording Corporation

Credits

Bass – Ron McClure

Design [Cover Design] – Stanislaw Zagorski

Drums – Jack DeJohnette

Engineer [Recording Engineer] – Wally Heider

Liner Notes – George Avakian

Photography By [Cover Photo] – Jim Marshall

Piano – Keith Jarrett

Producer – George Avakian

Tenor Saxophone, Flute – Charles Lloyd

Notes

Recorded live at the Fillmore Auditorium in San Francisco 

広告を非表示にする