読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MLBチームスタッツ

MLB Stats

f:id:duran3616:20160924120018j:plain

 

f:id:duran3616:20160924105855p:plain

 

過去MLBプレーヤーのスタッツにフォーカスしてきましたが、今回はチームスタッツ。

アメリカンリーグOPSを並べたものから。

*データは9月23日現在

地区首位チームはやはりというか当たり前のように上位に名前がある。

やはりOPSは打力を端的に表す指標ということなのだろう。

イメージ通りだが数字でもボストンが抜けているのがわかる。

 

f:id:duran3616:20160924111003p:plain

 

次にピッチングスタッツ。

防御率を上位から並べてみる。

なるほど、プレーオフALファイナルはクリーブランド vs ボストンと予想できるね。

特にクリーブランドの投打の充実ぶりが目につく。

一般的に言われていることだが、

バッティングデータでは得点とOPSの関連、ピッチングデータでは防御率とWHIPの関連に信憑性があることが良くわかる。

それ以外に特に興味深いデータ的考察は浮かんでこないが。

 

f:id:duran3616:20160924112557p:plain

 

ナショナルリーグのバッティングスタッツの方はイレギュラーだ。

地区首位でベスト3以内なのはカブスだけ。

ナショナルズは5番目、ドジャースは8番目、

ワイルドカード出場圏内のメッツは9番目でジャイアンツが10番目だもの。

面白いね。

 

f:id:duran3616:20160924113732p:plain

 

ピッチングスタッツは正確にチーム力を反映している。

つまりDH制のないナショナルリーグ投手力の影響がアメリカンリーグ以上に大きいということの裏付けがこれだ。

投打ともにカブスが他を凌駕しているのでおそらくワールドシリーズに出るのでしょうな、このまま。

それとドジャースジャイアンツはゲーム差がついている割にはチームスタッツが似通っていて興味深い。

この差って何?。

ルーキー前田のシーズン通しての安定した活躍が要因のひとつなのかな。

ところで、キャッチに使ったオルティーズは引退するシーズンとは思えない活躍ぶり。

彼がこのままボストンをワールドシリーズ制覇に導いてしまったら、ストーリー的に完結するのかなと。