システム再考

自宅オフィスのPCオーディオシステムの音源からスピーカーまでのルートを4つのパターンで整理し再考した。

音源:PC(foober2000) or CDプレーヤー

スピーカー:アクティブSP(JBL CAS-33)or パッシブSP(YAMAHA NS-10M PRO)

4つのパターン:音源2 × スピーカー2

 

① PC →(A)→USB DAC →(B)→ アクティブSP  :既存 

音源:PC(foober2000) 

foober2000cap新

  USB デジタル入出力(A)  

USB DAC:RATOC RAL-2496HA1

RAL-2496HA1

  RCAケーブル アナログ入出力(B)

スピーカー:JBL CAS-33

JBL CAS-33 

 

② CDプレーヤー →(C)→ アンプ → (D)パッシブSP :既存 PCオーディオではない

音源:CDプレーヤー(CDA-8)

BOSE CDA-8

  RCAケーブル アナログ入出力(C)

アンプ:BOSE 1702Ⅱ

BOSE 1706Ⅱ

   スピーカーケーブル アナログ入出力(D)

スピーカー:YAMAHA NS-10M PRO

NS-10M Pro

 

パッシブSPでPC音源を聴くパターンを再構築する。

③ PC →(E)→ デジタル出力機 →(F)→ 単体DAC →(G)→ アンプ → (H)→ パッシプSP

 音源:PC(foober2000) 

foober2000cap新 

  USB デジタル入出力(E)

光デジタル出力機:BEHRINGER UCA202

f:id:duran3616:20110113141312j:plain

  オプティカル 光デジタル入出力(F)

単体DAC:Fiio D03K

f:id:duran3616:20160113224404j:plain

  RCAケーブル アナログ入出力(G)

アンプ:BOSE 1702Ⅱ

BOSE 1706Ⅱ 

   スピーカーケーブル アナログ入出力(H)

スピーカー:YAMAHA NS-10M PRO

NS-10M Pro

 

BOSE CDA-8はオプティカル出力できるので外部DACとしてFiio D03Kを使う方法も。

ただし他のパターンとの兼ね合いから結線を変更しなければならず面倒くさい。

 

④ CDプレーヤー → 単体DAC → アクティブSP

 

PCでもCDを聴くことができるので意味がないか。

外部DACとしてFiio D03Kを使いパッシブSPを鳴らす方がベターな気がする。

つまり②の改良パターン。

 

 ❷ CDプレーヤー →(I)→ 単体DAC →(J)→ アンプ → (K)→ パッシブSP

音源:CDプレーヤー(CDA-8)

BOSE CDA-8

  オプティカル 光デジタル入出力(I)

単体DAC:Fiio D03K

f:id:duran3616:20160113224404j:plain

  RCAケーブル アナログ入出力(J)

アンプ:BOSE 1702Ⅱ

BOSE 1706Ⅱ 

  スピーカーケーブル アナログ入出力( K)

スピーカー:YAMAHA NS-10M PRO

NS-10M Pro

 

 BEHRINGER UCA202はDAC機能もあるようだが光デジタル出力させるためだけに使う。

ということで新たに必要なのは、

BEHRINGER UCA202とFiio D03K

それとケーブル数本

10K以内のコストで済みそう。 

  

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20160113122710j:plain

Eric Dolphy : Out To Lunch!

Tracklist

1. Hat And Beard 8:21

2. Something Sweet, Something Tender 6:01

3. Gazzelloni 7:18

4. Out To Lunch 12:05

5. Straight Up And Down 8:18

Companies, etc.

Recorded At – Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

Credits

Alto Saxophone, Flute, Bass Clarinet, Written-By – Eric Dolphy

Bass – Richard Davis 

Design [Cover], Photography By [Cover Photo] – Reid Miles

Drums – Anthony Williams

Recorded By – Rudy Van Gelder

Trumpet – Freddie Hubbard

Vibraphone – Bobby Hutcherson

Notes

Eric Dolphy performs by courtesy of FM Records.

Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ; February 25, 1964.

New York address on both sides.

Van Gelder & Ear in the matrix.

Track durations are not provided on the record.  

 

f:id:duran3616:20160113122711j:plain

Gerald Clayton : Two Shade

Track list

1. Boogablues

2. Trapped In Dream

3. Two Heads One Pillow

4. Peace For The Moment

5. All of You 

6. Interlude- Love All Around

7. Casiotone Pothole

8. One Two You

9. Sunny Day Go

10. Scrimmage

11. Interlude- You're Out

12. Con Alma  

Credit

Justin Brown - Drums

Gerald Clayton - Composer, Liner Notes, Piano, Primary Artist

Dizzy Gillespie - Composer

Cole Porter - Composer

Joe Sanders & His Orchestra - Bass 

広告を非表示にする