読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショーン・ポーター vs.ケル・ブルック

f:id:duran3616:20140816213417j:plain

 

 Date: 2014-08-16

Where: StubHub Center, Carson, California, USA

Division: welterweight (147 lbs, 66.7 kg)

Title: IBF welterweight title

Shawn Porter 24-0-1 (15KO)

 vs

Kell Brook 32-0-0 (22KO)

Result:  Kell Brook def. Shawn Porter (majority decision, 114-114, 117-111, 116-112)

 

 

 昨年、デボン・アレキサンダーを破ってタイトルを獲得、前戦では曲者のマリナッジを倒して株を上げたポーターでしたが今回はダメダメ。

満を持してタイトルに挑んだケル・ブルックは地力があると思われていて識者の評価も高いですが、勝てない相手ではないという自信があったのでしょう。

なんとなくノープランでファイトしてしまったなという印象。

そんなに器用なタイプではないでしょうが ブルックが嫌がることを何もしなかった。

ストレートパンチ主体のボクサータイプ、ブルックに対して突っ込んでいってはいなされ、カウンターを取られと、前半はいいところなし。

マリナッジ戦のようにジャブで追いかければ多少は違ったでしょうけどね。

無策に気付いたのか中盤以降は足を使ったり戦術に変化が出てきましたけど時既に遅し。

ブルックにとってもポーターは強敵だったと思いますが、インファイトに絶対付き合わないという明確なゲームプランがありました。

勝つための戦略がはっきりしていたこと、クリンチを多用するのはいいことではないですがポーターのラッシングパワーを押さえるためにやるべことをやったと解釈しておきます。

決して見栄えのいいファイトではなかったですが結果が出たのでブルックとしてはOK。

最近はブルックのようなアップライトに構える正統派のボクサータイプが目立たないので彼には今のスタイルを進化発展させていって欲しいですね。

今日のようにボクサースタイルに徹した方がブルックは冴えて見えますから。

 

 

 

【関連記事】

 

 ケル・ブルック vs.ビチェスラフ・センチェンコ - Surface ケル・ブルック vs.ビチェスラフ・センチェンコ - Surface

Date: 2013-10-26Where: Motorpoint Arena, Sheffield, Yorkshire, UKDivision: welte...

 

 ケル・ブルック vs.カーソン・ジョーンズ - Surface ケル・ブルック vs.カーソン・ジョーンズ - Surface

Date: 2013-07-13Where: Craven Park Stadium, Hull, Yorkshire, UKDivision: light m...

 

ショーン・ポーター vs.ポール・マリナッジ - Surfaceショーン・ポーター vs.ポール・マリナッジ - Surface

Date: 2014-04-19Where: DC Armory, Washington, District of Columbia, USADivision:...