読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパンレプタイルズショー

TORTOISE

f:id:duran3616:20150521194945j:plain

 

そう言えば行ってきたんですよね。

8月2日の終了間際の1時間くらい会場を回っただけですが。

人は多かったですね、移動もままならないほどでした。

当然僕の興味はリクガメだけなのですが、これはという個体には出会わなかった。

やっぱりギリシャとホルスが多かった。あとインドホシ。

ケヅメとアルダも、これをちゃんと飼える人は少ないはずですが販売個体は多く明らかに供給過多。

めずらしいところではテキサスゴファーが居ましたね。

値段が値段なのでよほどのマニアしか手を出さないでしょうが。

実はちょっとだけ気持ちが動いたのがマルギナータの状態の良い個体。

この子を持って帰って大事に育てたら見栄えが良くなるだろうなと想像してしまいました。

僕が熱心にマルギナータを見てたら隣に居た30歳くらいの男性が店員に、

「このカメ、寿命はどれくらい?」

「ちゃんと飼育すれば50歳くらい」

「えー!そんなに長生きするの」

明らかに引いている。

カメが長寿なことくらい子供でも知っていると思ってましたが。

「50年も生きるんだってさ、とても面倒みれないよね」と奥さんらしき人に。

「でも普通は病気とかで死んじゃうからまあ10年も生きればいい方」

あ、バカ、店員余計なことを。

案の定その客は去って行きました。

これがレプタイルマーケットの実態なんだろうなと妙に納得して僕は会場を後にしたのでした。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20150810120928j:plain

Curtis Fuller : The Opener

Tracklist

1. A Lovely Way To Spend An Evening

2. Hugore

3. Oscalypso

4. Here's To My Lady

5. Lizzy's Bounce

6. Soon

Companies etc

Recorded At – Van Gelder Studio, Hackensack, New Jersey

Credits

Bass – Paul Chambers (3)

Drums – Art Taylor

Liner Notes – Robert Levin (2)

Photography By [Cover Photo] – Francis Wolff

Piano – Bobby Timmons

Producer – Alfred Lion

Recorded By – Rudy Van Gelder

Tenor Saxophone – Hank Mobley

Trombone – Curtis Fuller

Notes

Recorded on June 16, 1957.  

 

f:id:duran3616:20150810120929j:plain

Sonny Landreth : Elemental Journey

Tracklist

1. Gaia Tribe Guitar – Joe Satriani 5:09

2. For You And Forever 4:03

3. Heavy Heart Rising 4:02

4. Wonderide 3:33

5. Passionola Guitar – Eric Johnson 5:23

6. Letting Go 3:24

7. Elemental Journey 4:09

8. Brave New Girl 4:59

9. Forgotten Story Steel Drums – Robert Greenidge 3:34

10. Reckless Beauty 3:24

11. Opening Sky 3:48

Credits

Bass – Dave Ranson*

Drums – Brian Brignac (tracks: 1, 3 , 5 , 8, 10), Doug Belote (tracks: 2, 4, 6, 7), Mike Burch* (tracks: 9, 11)

Keyboards – Steve Conn

Lead Guitar – Sonny Landreth

Percussion – Brian Brignac, Tony Daigle

Notes

Tri-fold sleeve