読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P4Pレイティングリストで振り返る2014年

2014年の海外のボクシングをリング誌のP4Pレイティングリストにフォーカスして個人的に振り返りたいと思います。
リストアップされている10人の今年の試合結果をトレースします。

 *( )は2013年末時のレイティング

 Pound for Pound Ratings by Ring Magazine

 

No.1 フロイド・メイウェザーJr( No.1 → )

  • 9/13 vs.マルコス・マイダナ 12UD勝ち

f:id:duran3616:20110927130612j:plain

  • 5/3 vs.マルコス・マイダナ 12MD勝ち 

f:id:duran3616:20140504003450j:plain

 

No.2 ウラディミール・クリチコ ( No.4 ↑)

  •  11/15 vs.クプラト・プレフ 5RKO勝ち
  • 4/26 vs.アレックス・リーパイ 5RTKO勝ち

f:id:duran3616:20140427011624j:plain

 

No.3 マニー・パッキャオ ( No.7 ↑)

  • 11/23 vs.クリス・アルジェリ 12UD勝ち

f:id:duran3616:20141124121935j:plain

  • 4/12 vs.ティモシー・ブラッドリー  12UD勝ち

f:id:duran3616:20140218095822j:plain

 

No.4 アンドレ・ウォード( No.2 ↓)

  •  ー

No.5 ローマン・ゴンザレス ( - new)

  • 11/22 vs.ロッキー・フェンテス 6RTKO勝ち
  • 9/5 vs.八重樫東 9RTKO勝ち
  • 4/6 vs.ファン・プリシマ 3RTKO勝ち
  • 2/15 vs.ファン・カンツン 6RTKO勝ち

No.6 ギジェルモ・リゴンドウ ( No.8 ↑)

  •  7/19 vs.ソツ・ゴーキャットジム 1RKO勝ち

f:id:duran3616:20140722155205j:plain

 

No.7 ティモシー・ブラッドリー ( No.3↓)

f:id:duran3616:20141215192437j:plain

 

No.8 ファン・マヌエル・マルケス ( No.6 ↓)

  •  5/17 vs.マイク・アルバラード 12RUD勝ち

f:id:duran3616:20140517232400j:plain

 

No.9 カール・フロッチ ( No.10 ↑)

  •  5/31 vs.ジョージ・グローブス 8RTKO勝ち

f:id:duran3616:20140531223708j:plain

 

No.10 サウル・アルバレス (No.9 ↓)

  • 7/12 vs.エリスランディ・ララ 12RSD勝ち

f:id:duran3616:20140712210335j:plain

f:id:duran3616:20140307172201j:plain

 

昨年までリスト外のローマン・ゴンザレスが5位でランクインしています。

まあ評価されるのが遅かったということ。

フライ級以下はなかなかね。

入れ替わるようにリストから消えたのはセルヒオ・マルティネス。

ゴロフキンがランクインしないのは強豪(名前のある)との対戦がないからでしょうか。

リング誌は欧州のボクサーの評価が相対的に低いということもあるのかな。

来年のマッチメーク、活躍次第でリストに顔を出しそうなのはテレンス・クロフォードあたりでしょうか。

サウル・アルバレスはちょっと壁にぶつかっている感あり。

伸び悩んでいるというより、オフェンシブなスタイルをアピールできるほどスタミナがないことがわかっちゃた。後半の失速がね。気になります。

正直、メイウェザークリチコという負け難い2人がトップ2を占めているうちはボクシング界に大きな変化はないと思っています。

2015年、2人は今のステイタスとポジションを維持出来るのでしょうか?

できるでしょうね。肉薄する者がいないもの。

 

個人的な年間ベストマッチは、

オーランド・サリド vs.ターサク・ゴーキャットジム

印象に残ったパンチは、

ゲンナディ・ゴロフキンがダニエル・ギールをノックアウトした右。

 

f:id:duran3616:20140726210624j:plain