読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

支流もぼちぼち

 

f:id:duran3616:20170311082012j:plain

 

 ホームリバー源流域はアクセスに時間がかかるので比較的近場の支流をチェックしている。

それでも本流に比べて大分時間を食う。

遡行がね、なかなか大変。

どんな場所に魚がつくのか全然わからないので片っ端から探っている感じ。

だから1日1支流がやっと。

今日も夢中になって歩いていたら目の前に見たことない大きな足跡が。

「あれっ、これって熊さん?」

そういえば熊除け的なこと何もしていない。

このあたりで熊の事故を聞かないのでチリンチリン付けるまでもないと油断していた。

なんか物々しくて嫌だったけど出くわす可能性がどうやらありそうなので準備したほうが良さそうだ。

 

今は初めてのエリアばかりで釣りしているので釣ることよりロケーションを把握することで精一杯。

魚影がつかめないのでポイントごとにメリハリを付けられないこともある。

ベタ一律で叩いているだけだもの。

きっかけをつかまないと前進しそうもない。

 

f:id:duran3616:20170311175123j:plain

 

以外の釣り用に作ったF2-57X改はそれなりに使えている。

さすがに支流では長すぎて持て余しているけど本流ではいい感じ。

といってもオーバーヘッドキャストはほとんどしない。

サイド&バックが8割、ピッチングが2割。

飛距離よりアキュラシーが重要。

ファーストテーパーの方が向いているかもしれないけど嫌いなので。

バスロッドついでにプラグもバスプラグを使っている。

メガバスのX-80Jrを完全なダーターに改造。

トゥイッチするとすっ飛んでくれて面白いのだが、そうせずにシェイキング&ポーズで地味に誘う。

忙しく引いても活性が低いためかアマゴが追いきれていないのでそうしている。

小場所故、案外サスペンドセッティングのスローなプレゼンがはまるのではないかと期待しているのだが。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170311170517j:plain

Pharoah Sanders : Africa

Tracklist

A1. You've Got To Have Freedom 10:01

A2. Naima

 Composed By – Coltrane* 5:26

A3. Origin 6:50

B1. Speak Low

 Composed By – Weill*, Nash* 8:04

B2. After The Morning 6:29

B3. Africa 8:20

Credits

Bass – Curtis Lundy

Composed By – Sanders* (tracks: A1, A3, B2, B3)

Design [Sleeve], Photography By – Erik Vos

Drums – Idris Muhammed*

Engineer [Recording] – Max Bolleman

Liner Notes – Kevin Whitehead

Photography By – Frans Schellekens

Piano – John Hicks

Producer – Wim Wigt

Producer [Assistant] – Peter Huijts

Tenor Saxophone – Pharoah Sanders

Notes

Recorded 11th March 1987 at Studio 44, Monster, Holland. 

 

f:id:duran3616:20170311170518j:plain

Ornette Coleman : Chappaqua Suite

Tracklist

Chappaqua Suite

A. Part I 21:25

B. Part II 19:00

C. Part III 17:40

D. Part IV 21:58

Credits

Alto Saxophone – Ornette Coleman

Bass – David Izenzon

Directed By – Joseph Tekula*

Drums – Charles Moffett

Tenor Saxophone – Pharoah Sanders

Trumpet – Ornette Coleman