読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西伊豆に

西伊豆

 

天城山深層水を汲みに行ってきました。

そっち方面に他に目的があったのと、知り合いに勧められていて無視するわけにもいかなかったので。

 

西伊豆  

 

15L / 100円でした。

日持ちすると言われてますが早めに使い切ってしまうつもり。

やっぱり雑菌がね。怖い。

混雑を覚悟してきましたが、僕の他には一人しか水汲んでいませんでした。

場所が西伊豆の山の中でかなり不便なロケーションなので気軽に来れる感じではないからかな。

 

西伊豆  

 

水汲み場の近くにある中華で昼食を。

この店も以前から気になっていた。

どちらかというとこっちがメインだったかな。

『合歓』という変わった名前の変わった場所(人気のない山の中だもの)にあるお店。

変な場所にあるからこそ期待してしまう。

店構えは高原のペンション風。

テラスとカフェバーっぽい室内に統一感なくテーブルがセットされています。

テラスで風に当たりながら食事している品の良いご年配の夫婦が良い感じ。

その隣のテーブルにしようかと思ったけど山の中の屋外故虫がブンブンだったので室内のテーブルにしました。

メニューを見ると品数はあまりなくて、ランチは4種類で1,000円だった。

ランチは飯ものと麺ものだけだったので止めて、北京餃子と麻婆豆腐をオーダー。

 

西伊豆  

 

ぺちゃんこな餃子でした。

餃子というよりも春巻きを潰して羽根つきにしたような感じ。

麻婆豆腐は単品だったので白飯と卵スープを付けてもらいました。

厨房から、「辛いのは大丈夫ですか?」と。

「全然だいじょうぶです」と大声で答えたら他の客にうけて笑われてしまった。

何が可笑しかったのかしら?

そんなに辛いのかな?

 

西伊豆

 

おおっ、なかなかインパクトのある見た目。

しかし期待ほどは辛くなかった。普通の人にはちょっと辛いかな程度。

激辛好きのわたくしには物足りなかったけど。 

なかなか面白いお店だし、別のメニューも気になったので今度は人を連れて食べに来ようかな。

 

目的のもう一つはサイクリングルートの下見。

西伊豆の宇久須から410号で仁科峠を登るヒルクライム

約9kmの激坂。

松崎まで車載で来てロングライドをせずにヒルクライムダウンヒルのみ。

長くダラダラ走るのあまり好きでないので。

 

 

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20160718172425j:plain

Horace Silver : Blowin' The Blue  Away

Tracklist

A1. Blowin' The Blues Away

A2. The St. Vitus Dance

A3. Break City

A4. Peace

B1. Sister Sadie

B2. The Baghdad Blues

B3. Melancholy Mood (New Version)

Companies, etc.

Recorded At – Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

Credits

Bass – Gene Taylor

Design [Cover] – Reid Miles

Drums – Louis Hayes

Illustration [Cover Drawing] – Paula Donohue

Liner Notes – Ira Gitler

Piano, Composed By – Horace Silver

Producer – Alfred Lion

Recorded By [Recording By] – Rudy Van Gelder

Tenor Saxophone – Junior Cook (tracks: A1, A3 to B2)

Trumpet – Blue Mitchell (tracks: A1, A3 to B2)

Notes

Recorded on August 29 (A1, B2) and 30 (A3, A4, B1) and September 13 (A2, B3), 1959.

Blue Mitchell performs by courtesy of Riverside Records.

RVG stamped and "P" etched for Plastylite, usually wrongly called "ear", in the run out grooves of both sides.

Deep grooved blue and white labels with "Blue Note Records Inc • 47 West 63rd • NYC" address, both sides.

Back cover reads "47 West 63rd St., New York 23". 

 

f:id:duran3616:20160718172426j:plain

Joni Mitchell : Don Juan's  Reckless Daughter

Tracklist

A1. Overture–Cotton Avenue 6:35

A2. Talk To Me 3:40

A3. Jericho

 Bongos – Don Alias 3:25

B1. Paprika Plains

 Piano – Joni Mitchell 16:19

C1. Otis And Marlena

 Electric Guitar – Larry Carlton

 Piano – Michel Colombier 4:05

C2. The Tenth World

 Bass Drum [Surd], Written-By – Airto*

 Bongos, Written-By – Jaco Pastorius 

 Congas, Cowbell, Vocals, Written-By – Alejandro Acuna*

 Congas, Vocals [Lead], Written-By – Manolo Badrena

 Congas, Vocals, Percussion [Claves, Coffee Cans], Written-By – Don Alias 6:45

 C3. Dreamland Cowbell – Jaco Pastorius Shaker – Alejandro Acuna* Snare, Percussion [Sandpaper Blocks] – Don Alias 4:37

D1. Don Juan's Reckless Daughter

 Other [Split Tongued Spirit] – El Bwyd

 Percussion [Ankle Bells] – Alejandro Acuna*

 Shaker – Don Alias 6:40

D2. Off Night Backstreet

 Vocals – Glenn Frey, J.D. Souther* 3:22

D3. The Silky Veils Of Ardor 4:02

Companies, etc.

Recorded At – A&M Studios Mixed At – A&M Studios

Recorded At – Columbia Recording Studios

Recorded At – Basing Street Studios

Mastered At – A&M Studios Record Company – Elektra Record Company – Asylum

Records Distributed By – Arista Records, Inc.

Pressed By – Specialty Records Corporation

Credits

Art Direction – Glen Christensen

Artwork [Artwork On Joni Mitchell's Dress] – Les Krims

Bass – Jaco Pastorius (tracks: A1 to B1, D1, D2)

Design, Written-By – Joni Mitchell

Drums – John Guerin

Engineer [Assistant] – Robert Ash

Guitar – Joni Mitchell (tracks: A1 to A3, C1, D1, D3)

Mastered By – Bernie Grundman

Orchestrated By – Michael Gibbs (tracks: B1, D2)

Photography By – Norman Seeff

Photography By [Photoprints] – Keith Williamson

Recorded By [Orchestra] – Frank Laico

Recorded By, Mixed By – Henry Lewy, Steve Katz

Soprano Saxophone – Wayne Shorter

Vocals – Chaka Khan (tracks: C2, C3), Joni Mitchell (tracks: A1 to C1, C3 to D3)  

 

広告を非表示にする