読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー スペンス- ブンドゥ

f:id:duran3616:20160822150753j:plain

 

Date: 2016-08-21

Where: Ford Amphitheater, New York, USA

Division: welterweight (147 lbs, 66.7 kg)

Result: Errol Spence Jr def. Leonard Bundu (KO at 2:06, round 6) 

 

 

f:id:duran3616:20160822150734p:plain

 

マッチアップ:★★

スリル:★★★

スキル:★★★

印象度:★★★

 

この試合の位置付けは、IBFタイトルホルダー、ケル・ブルックへの指名挑戦者決定戦らしいが、ブルックは9月にゴロフキンとのビッグマッチが控えているので実現可能性はどうなのかな?

ブルック - スペンスは魅力的なマッチアップだが、タイミングとしてはちょっと早い。

スペンスの実力は申し分ないのだがステイタスをもう少し上げといたほうが盛り上がるから。

先にショーン・ポーターあたりとのマッチメイクを望みます。

テクニックのあるファイタータイプのポーターは地力を測るにはもってこい。

そこをクリアできたら明るい未来が待っているはず。

スペンスの良いところはボクシングが丁寧なところ。

戦術の意図とオフェンスの組み立てがはっきりしている。

そして実効性が高いのはブンドゥ戦でも分かる。

どれくらいのレベルの相手までこの実効性が発揮できるのか。

それによってはマービン・ハグラーのような柔軟で安定感のあるファイトスタイルを構築できる可能性がある。

買いかぶりか、そうでないかの見極めはブンドゥ程度が相手ではできない。

もっとも、ランキング上位者が軒並みスペンスとの対戦を拒否していることから彼の実力が窺い知れるが。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20160820131241j:plain

Jim Hall : Concierto

Tracklist

A1. You'd Be So Nice To Come Home To

 Written-By – Cole Porter 7:04

A2. Two's Blues

 Written-By – Jim Hall 3:48

A3. The Answer Is Yes

 Written-By – Jane Hall 7:36

B1. Concierto De Aranjuez

 Written-By – Joaquin Rodrigo* 19:17

Credits

Alto Saxophone – Paul Desmond

Arranged By – Don Sebesky

Artwork [Liner Illustration] – Thomas B. Allen

Bass – Ron Carter

Design [Album] – Bob Ciano

Drums – Steve Gadd

Engineer – Rudy Van Gelder

Guitar – Jim Hall

Liner Notes – Leonard Feather

Photography By – Pete Turner

Piano – Roland Hanna

Producer – Creed Taylor

Trumpet – Chet Baker

Notes

Recorded at Van Gelder Studios in April, 1975. 

 

f:id:duran3616:20160820131240j:plain

Elvin Jones : Youngblood

Tracklist

1. Not Yet 3:52

2. Have You Seen Elveen? 7:40

3. Angel Eyes 8:45

4. Ding-A-Ling-A-Ding 7:18

5. Lady Luck 9:27

6. The Biscuit Man 3:57

7. Body And Soul 6:12

8. Strange 4:12

9. My Romance 6:13

10. Youngblood 5:52

Credits

Bass – George Mraz (tracks: 1 to 3,5 to 10)

Drums – Elvin Jones

Recorded By – Rudy Van Gelder

Tenor Saxophone – Javon Jackson (tracks: 1,2,5,6,8,10), Joshua Redman (tracks: 1 to 3,5,6,8,10)

Trumpet – Nicholas Payton (tracks: 1,2,5 to 8,10)

Notes

Recorded by Rudy Van Gelder at Van Gelder Studios, Englewood Cliffs, N.J. on April 20&21, 1992.