読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー ブルック-スペンスJr

 

f:id:duran3616:20170526123423j:plain

Date: 2017-05-27

Where: Bramall Lane Football Ground, Sheffield, UK

Division: welterweight (147 lbs, 66.7 kg)

Title: IBF World welterweight title  

 

f:id:duran3616:20170528141041p:plain 

マッチアップ:★★★★

スリル:★★★

スキル:★★★

印象度:★★★★

 

 

エロール・スペンスJrはナチュラルサウスポーだ。

スイッチングサウスポーのテレンス・クロフォードとの違いは推進力。(前に出て相手に圧力をかける力)

ウェイトの違いは無視しても、車で言えばFFと4WDを比較するようなもの。

どっちが優れているという話ではなく火力に違いがあるということが言いたい。

戦前、フィジカルではブルックが勝ると思っていた。

蓋を開けてみたら、ほぼイーブンと言えるほど火力は拮抗していた。

勝敗を分けた一番の要因はディフェンス力だろう。

二人はディフェンススタイルが全く違う。

ガード中心の堅実なスタイルのスペンス、

ボディワーク中心の攻守連動型のブルック。

ブルックの場合、ほぼガードディフェンスはしない。

打たれても芯を外せば良いという割り切りがあるし耐久力にも自信があるのだろう。

今までであれば(ゴロフキンは除く)自分のオフェンスで相手を圧倒してきたためにそれほどディフェンスに気を配る必要がなかったのかもしれない。

ところがスペンスはオフェンスで自分と五分以上の力を発揮していただけでなく、

ブルックのオフェンスを受け止められるだけのディフェンス力を備えていた。

象徴的なシーンとして、左ストレートでボディを狙った際に、普通は直ぐにオンガードに戻そうとするが、スペンスは違う。

左手を相手のボディに伸ばしたその位置から真上に手を上げていた。

ちょうどブルックの右肩のあたりを下から押すような感じ。

これでブルックの右からの反撃をストップできていた。

右手を1m軌道で引くより30cm上にずらす方が時短を図れる。

地味だがこういう隙を見せない堅実さが攻守の切り替えに好影響を与えていたのは明らか。

さらにスペンスはディフェンススキルが高いだけでなく耐久力も優れているようだ。

ブルックのパンチを食ってもケロっとして打ち返していたもの。

総合的に防御力が高いスペンスとタフだがややルーズなディフェンスのブルックが打ち合えばラウンドが進むにつれてダメージをより多く蓄積していくのはブルックの方で、まあ、11Rに力尽きたということだ。

ダウンの仕方がそんな感じだった。

メジャータイトル初挑戦でこんな横綱相撲を見せられるとは。

十分強いと思っていたけど、うーん、どうやら過小評価していたようだ。

今日の試合を見る限り、ウェルターウェイトに実力拮抗のライバルはいないかもしれない。

キース・サーマン?

モノが違うでしょ。

パッキャオ?

スペンスとはやっちゃダメ。

クロフォードならお勧め。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170525165814j:plain

Gary Burton : Match Book

Tracklist

A1. Drifting Petals

 Written-By – Towner* 5:15

A2. Some Other Time

 Written-By – Green*, Comden*, Bernstein* 6:11

A3. Brotherhood

 Written-By – Gary Burton 1:08

A4. Icarus

 Written-By – Ralph Towner 5:50

B1. Song For A Friend

 Written-By – Ralph Towner 5:04

B2. Matchbook

 Written-By – Towner* 4:30

B3. 1 x 6

 Written-By – Towner* 0:58

B4. Aurora

 Written-By – Ralph Towner 5:07

B5. Goodbye Pork Pie Hat

 Written-By – Charles Mingus 4:22

Credits

Design [Cover] – B & B Wojirsch

Engineer – Martin Wieland

Photography By – Paul Maar

Producer – Manfred Eicher

Twelve-string Guitar, Classical Guitar – Ralph Towner

Vibraphone [Vibraharp] – Gary Burton  

 

f:id:duran3616:20170525165817j:plain

Hubert Laws : Wild Flower

Tracklist

1. Wild Flower

 Bass – Richard Davis  

 Cello – Charles McCracken, George Ricci, Harvey Shapiro, Richard Bock

 Viola – Harold Coletta, Harry Zaratzian, Richard Dickler, Selwart Clarke

 Violin – Bernard Eichen, David Nadien, Guy Lumia, Harry Lookofsky, John Pintavalle, Matthew Raimondi, Paul Gershman 3:10

2. Pensativa

 Cello – Alan Shulman, George Ricci, Richard Bock, Seymour Barab

 Flute – Hubert Laws

 Viola – Harold Coletta, Harry Zaratzian, Julian Barber*, Richard Dickler

 Violin – Aaron Rosand, Bernard Eichen, David Nadien, Gene Orloff, George Ricci, Harry Lookofsky, Matthew Raimondi, Paul Gershman 4:00

3. Equinox

 Bass – Richard Davis

 Cello – Alan Shulman, George Ricci, Richard Bock, Seymour Barab

 Viola – Harold Coletta, Harry Lookofsky, Harry Zaratzian, Julian Barber*, Richard Dickler

 Violin – Aaron Rosand, Bernard Eichen, David Nadien, Gene Orloff, George Ricci, Harry Lookofsky, Matthew Raimondi, Paul Gershman 6:20

4. Ashanti

 Bass – Richard Davis

 Cello – Charles McCracken, George Ricci, Harvey Shapiro, Richard Bock

 Viola – Harold Coletta, Harry Zaratzian, Richard Dickler, Selwart Clarke

 Violin – Bernard Eichen, David Nadien, Guy Lumia, Harry Lookofsky, John Pintavalle, Matthew Raimondi, Paul Gershman 5:26

5. Motherless Child

 Arranged By – Hal Grant, John Murtaugh

 Bass – Richard Davis

 Cello – Charles McCracken, George Ricci, Harvey Shapiro, Richard Bock

 Composed By – Traditional

 Viola – Harold Coletta, Harry Zaratzian, Richard Dickler, Selwart Clarke

 Violin – Bernard Eichen, David Nadien, Guy Lumia, Harry Lookofsky, John Pintavalle, Matthew Raimondi, Paul Gershman 5:31

6. Yoruba

 Congas – Mongo Santamaria

 Drums – Bernard Purdie, Mongo Santamaria

 Percussion – Airto*, Joe Chambers, Warren Smith

 Piano – Chick Corea

 Vibraphone – Gary Burton 6:04

Credits

Alto Flute – Hubert Laws

Arranged By – John Murtaugh

Bass – Ron Carter

Composed By – Clare Fisher (tracks: 2), John Coltrane (tracks: 3), John Murtaugh (tracks: 1, 4, 6)

Conductor – John Murtaugh

Cover [Original] – Robert Andrew Parker

Engineer [Recording] – Lew Hahn

Engineer [Remix] – Neal Ceppos

Flute – Hubert Laws

Flute [Amplified] – Hubert Laws

Piccolo Flute – Hubert Laws

Producer, Liner Notes [2001] – Joel Dorn