読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー イースターJr -クルス

f:id:duran3616:20170212101536p:plain

Date: 2017-02-10

Where: Huntington Center, Toledo, Ohio, USA

Division: lightweight (135 lbs, 61.2 kg)

Title: IBF World lightweight title

Result: Robert Easter Jr def. Luis Cruz (unanimous decision, 119-106, 118-107, 117-108) 

 

f:id:duran3616:20170212101537p:plain

 

マッチアップ:★★

スリル:★★★

スキル:★★★

印象度:★★★

 

イースター島のモアイ像に似た顔のローバート・イースターJrはスターボクサーになれるか?

好感を持たれるスタイルを持っているか?

そんな視点をもって観戦している。

基本的にはメイウェザーフォロワーなのだろう。

特にディフェンス面ではそう感じる。

手を出すタイミングを冷静に計っている様子(その間相手のオフェンスを受けている、つまりディフェンスしている)なんてメイっぽい。

おまけにリーチが長いのでガードすると相手は打つところがない。

ということでディフェンス面では穴が少ない。

オフェンス面ではややパリエーション不足(戦術的な引き出しが多くはない)だがそれほど単調に見えないのは右に決め手があるからだ。

この試合でも終盤にバタバタと奪ったダウンは全て右がらみ。

ただしハーンズのような強打者(ワンパンチフィニッシャー)ではないので、カウンターのタイミング合わせがポイントになっている。

ハーンズは右を当てればそれで倒しきってしまったけど、イースターはそこまでのパンチングパワーはないので単発強打に頼るボクシングはできないはず。

長身ボクサータイプはどうしても連打の回転がトロいので、アッパーを混ぜるとか、威力のある左フックの返しを磨くとかして、何れにせよオフェンスの密度を今以上に高めていけばより魅力的なファイターになるだろう。

悪い方向としてはカウンターに頼った省エネボクシングに傾倒してしまうこと。

その兆候が僅かだが見られたのがちょい気になった。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170212162122j:plain

Funkadelic : Maggot Brain

Tracklist

A1. Maggot Brain

 Written-By – E. Hazel*, G. Clinton* 10:10

A2. Can You Get To That

 Written-By – E. Harris*, G. Clinton* 2:45

A3. Hit It And Quit It

 Written-By – B. Nelson*, G. Shila*, G. Clinton* 3:44

A4 You And Your Folks, Me And My Folks

 Written-By – B. Worrell*, G. Clinton*, J. Jones* 3:29

B1. Super Stupid

 Written-By – B. Nelson*, E. Hazel*, G. Clinton*, L. Ross* 3:53

B2. Back In Our Minds

 Written-By – C. Haskins* 2:35

B3. Wars Of Armageddon

 Written-By – B. Worrell*, G. Clinton*, L. Ross*, R. Fulwood* 9:28  

 

f:id:duran3616:20170212162121j:plain

Funkadelic : Cosmic Slop

Tracklist

A1. Nappy Dugout

 Drums – Tiki Fulwood

 Written-By – C. Mosson*, G. Shider*, G. Clinton* 4:31

A2. You Can't Miss What You Can't Measure

 Written-By – G. Clinton*, S. Barnes* 2:54

A3. March To The Witch's Castle

 Written-By – G. Clinton* 5:54

A4. Let's Make It Last

 Written-By – E. Hazel*, G. Clinton* 4:10

B1. Cosmic Slop

 Written-By – B. Worrell*, G. Clinton* 5:16

B2. No Compute

 Written-By – G. Shider*, G. Clinton* 3:01

B3. This Broken Heart Strings – Bernie Worrell

 Written-By – W. Franklin* 3:39

B4. Trash-A-Go-Go

 Written-By – G. Clinton* 2:23

B5. Can't Stand The Strain

 Written-By – E. Hazel*, G. Clinton* 3:28

Credits

Art Direction – Neil Terk

Artwork – Pedro Bell

Bass Guitar – "Boogie" Mosson*

Coordinator [Album Coordination] – Mia Krinsky

Design – George Clinton, Pedro Bell

Engineer – Jerry*, Lee De Carlo* Keyboards, Melodica – Bernard Worrell*

Lead Guitar, Rhythm Guitar – Gary Shider*, Ron Bykowski

Percussion – Tyrone Lampkin

Producer – George Clinton

Supervised By [Production Supervision] – Bob Scerbo