読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー ガルシア - バルガス

BOXING FIGHT REVIEWS MUSIC

 

f:id:duran3616:20161111100824j:plain

Date: 2016-11-12

Where: Liacouras Center, Philadelphia, Pennsylvania, USA

Division: welterweight (147 lbs, 66.7 kg)

Result: Danny Garcia def. Samuel Vargas (TKO at 2:17, round 7) 

 

f:id:duran3616:20161114112514p:plain

 

マッチアップ:

スリル:★★

スキル:★★

印象度:★★

 

 

高校時代の同級生にMというのがいた。

彼は僕がボクシングの話を唯一できる身近な人で、といってもレナードとかアルゲリョとかハグラーなどのボクシングアイコンに限定されていたが 、クラスメートに友達の居なかった僕が学校で普通に接することができるのは彼だけだった。

Mはいっしょにサッカー部に入ったのだがお世辞にも運動神経が良いとは言えず、

入部後3ヶ月で辞めてしまって以後帰宅部となった。

そのためか、M=運動音痴のイメージが僕の中では定着していた。

体育の授業で柔道をカリキュラムに入れていたのだが、ある日の授業でMと乱取りをすることになった。

僕はMをなめていたので楽な相手で良かったくらいに思っていたのだが、いざ乱取りが始まると一方的にやられたのは僕の方だった。

組み合った後Mの引きつける力が尋常じゃない。

体の自由を奪われて何もできずに投げられた。

Mは僕と同等の体格で腕力が強そうには見えなかったし、僕だって非力な方ではない。

「なんだこいつ!」

唖然とする僕を尻目に乱取りの相手を替えて次々に投げ飛ばすM。

別に柔道経験者ではない。

上体の力がハンパないのとそれを利して相手のバランスを崩すの上手いだけ。

ダニー・ガルシアを観ていると僕はMを思い出す。

ハードヒッターっぽくないのに一発がある。

背筋がピンと立って妙に姿勢が良いフォームはボクサータイプの典型であり、そのくせフック中心のパワーパンチにはシフトウェイトが効いているように見えない。

フォームやフットワークはボクサータイプでオフェンスルーティンはファイタータイプという、ハイブリットタイプだよね。

右のスウィングはタイミング、的中率ともに抜群なのだがコンタクトポイントが変だ。

ナックルパートが急所にコンタクトしているわけではないし。

でもインパクトは大で、試合の大勢をそれで決めてしまう。

ダウンから回復しても一発をまた食ったら終わってしまう。

そういうイメージというか心理的なダメージをマッチアップ相手に残すんだろうね。

ボディワークするし攻防の連動性はあるにはあるのだが決してスムーズではないんだな全体的に。

どこかロボットライクでぎこちなく見えてしまう。

まあ不思議な地力を持ったファイターだと思う。

リングマガジンのレイティングではウェルターウェイトで7位か。

僕は8位のスペンスの方が強いと思うけどね。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20161110194239j:plain

Jacky Terrasson : Lover Man

Tracklist

1. Donna Lee 《 C. Parker 》(5:17)

2. Nardis《 M. Davis 》(4:35)

3. First Child 《 J. Terrasson 》(2:21)

4. In Your Own Sweet Way 《 D. Brubeck 》(9:43)

5. Wail《 B. Powell 》(2:15)

6. Lost《 J. Terrasson 》(7:10)

7. Broadway 《 H. Woode, T. Mcrae, B. Brid 》(5:51)

8. Lover Man 《R. Ramirez, J. Sherman》(7:44)

9. Close Enough For Love 《 J. Mandel 》(2:27)

10. Love For Sale 《 C. Porter》(6:25) 

Credits

Jacky Terrasson - piano

Ugonna Okegwo - bass

Leon Parker - drums 

 

f:id:duran3616:20161110194240j:plain

Sonny Stitt : Pen of Quincy Jones

Tracklist

A1. My Funny Valentine

 Written-By – L. Hart-R. Rodgers* 3:26

A2. Sonny's Bunny

 Written-By – Sonny Stitt 3:55

A3. Come Rain Or Come Shine

 Written-By – Johnny Mercer-Harold Arlen* 4:18

A4. Love Walked In

 Written-By – I. Gershwin-G. Gershwin* 3:58

B1. If You Could See Me Now

 Written-By – C. Sigman*, T. Dameron* 4:27

B2. Quince

 Written-By – Quincy Jones 7:00

B3. Star Dust

 Written-By – H. Carmichael*, M. Parish* 3:05

B4. Lover

 Written-By – L. Hart-R. Rodgers* 3:21

Credits

Alto Saxophone – Sonny Stitt

Arranged By – Quincy Jones

Baritone Saxophone – Cecil Payne

Bass – Oscar Pettiford

Drums – Jo Jones

Flute, Alto Saxophone – Anthony Ortega

Guitar – Freddie Green

Liner Notes – Barry Ulanov

Photography By – Burt Goldblatt

Piano – Hank Jones

Tenor Saxophone – Seldon Powell

Trombone – J.J. Johnson, Jimmy Cleveland

Trumpet – Ernie Royal, Jimmy Nottingham, Joe Newman, Thad Jones

Notes

Recorded September 30 & October 17, 1955 NYC.