読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリップとフェルール改造

フェンウィックグリップのコレットに切れ込みが2カ所ある。
これが何のためにあるかというと。


奥に針金のようなものが見えますが、コレットの切れ込みが
それに嵌る仕組みになっている。
ズレを防ぐための工夫でしょうか。
ところが普通のフェルールはこの針金に先端が当たってそれ以上
奥に挿入できないのでせっかくの機能が無駄になっている。
要はフェンウィック専用バットフェルールでないと駄目なわけ。
互換性は厳密にはないのです。
他のフェルールでも装着出来ないことはないのですが、
ガチッと嵌らないのです。

で、専用フェルール擬にしてみました。
ノコギリとヤスリを使って溝を入れただけですが。
位置決め(ガイドが正確に上を向くように)が難しかったのでわざと
アバウトに大きめの溝にしました。
精度高くできるのであれば溝は細い方が良いんですけどね。
僕には無理。
バイスでキッチリ固定しないと。

2mmほど奥まで挿入出来るようになったのと
少しですがズレにくくなったかな。

合わせてスクリューキャップを耐水ペーパーで削って2mm短くしました。
キャップをより奥まで締込むためです。
少し脆くなったのでラバーグリップを巻き付けて補強もしました。
滑らないので回しやすいし。
それと茶色が嫌なので染めQで黒く染めました。

見た目は…
まあ、ロッドをより強固に固定出来るようになったのでいいですけど。
これでなんとか実釣に耐えられるのではないでしょうか。
壊れたら壊れたで。