読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以外の釣り用に

 

F2-57X

 

タックルを物色していた。

ホームリバーの春のスズキ釣りと並行してそれ以外の釣りをやろうと。

河の中でエリアを変えてね。

稚鮎の遡上量の減少の影響で魚がほとんど上がってこない近年の状況。

ガス抜きが必要になってきた。

あれもこれも手を出すのが苦手なので今まで河ではスズキオンリーだったが、

たいして釣れないホームのスズキのためだけに年鑑章買い続けるのもどうなんだろ?

まあ、渓流釣りを本格的にやるとかではなく身近で気軽に狙える魚をターゲットにしてみようという感じ。

アマゴとかレインボーとか。

5フィートクラスのバスロッドと軽量ベイトリールとライトライン。

5〜7g程度の小型トップやトィッチベイトを使ってね。

脂鰭のある魚を特別釣りたいわけではないのだけど、気力と体力を必要とする河のスズキ釣りをリタイヤした後のことを想定しつつ、ぼちぼち試していきたい。

まずロッドなのだが、

渓流ロッドを含めて探索し、正直これは!というはなかったのだが、

妥協の産物的にメガバスの『F2-57X』を中古入手。

レングスとパワーバンド、そしてコストで決めた。

古〜いHT-800ブランクスで安かったけど程度はとても良い。

 

F2-57X

 

渓流の小場所で使うには長いし硬すぎるのだが、僕は鮎釣りエリアを想定しているのでこんなもんかなと。

バスロッドはライトアクションでもピンピンに張りがあったりするので、それが嫌ならトラウトロッドにするしかないしね。

 

F2-57X

 

バランスは良いとは言えないかな。

古いロッドだからね。

支点はフォアグリップの真ん中あたり。

 

F2-57X

 

そして意外に重かったりする。

ピメンタとあまり変わらない。

バランスは改善しないと振ってて嫌になるので要改造。

フォアグリップいらない。

レングスも若干(5cmくらい)詰めた方が良いかも。

久しぶりにロッドの改造やります。 

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170117173413j:plain

Bud Powell : The Amazing Bud Powell Vol.1

Tracklist

A1. Un Poco Loco - 1st Take

A2. Un Poco Loco - 2nd Take

A3. Un Poco Loco

A4. Dance Of The Infidels

A5. 52nd St. Theme Written-By – Thelonious Monk

A6. It Could Happen To You - Alternate Master Written-By – Burke-Van Heusen*

B1. A Night In Tunisia Written-By – Gillespie*, Robin*

B2. A Night In Tunisia - Alternate Master Written-By – Gillespie*, Robin*

B3. Wail

B4. Ornithology Written-By – Bennie Harris*

B5. Bouncing With Bud

B6. Parisian Thoroughfare

Companies, etc.

Recorded At – WOR Studios

Credits

Bass – Curly Russell (tracks: A1 to A3, A6 to B2, B6), Tommy Potter (tracks: A4, A5, B3 to B5)

Design [Cover] – John Hermansader

Drums – Max Roach (tracks: A1 to A3, A6 to B2, B6), Roy Haynes (tracks: A4, A5, B3 to B5)

Liner Notes – Leonard Feather

Photography By [Cover Photo] – Francis Wolff

Piano – Bud Powell

Producer – Alfred Lion

Remastered By [Remastering By] – Rudy Van Gelder

Tenor Saxophone – Sonny Rollins (tracks: A4, A5, B3, B5)

Trumpet – Fats Navarro (tracks: A4, A5, B3, B5)

Written-By – Bud Powell (tracks: A1 to A4, B3, B5, B6)

Notes

Recorded on August 9, 1949 (tracks A4, A5, B3 to B5) and on May 1, 1951 (tracks A1 to A3, A6, B1, B2, B6).  

 

f:id:duran3616:20170117173414j:plain

上原ひろみ : SPARK

Tracklist

1. Spark

2. In A Trance

3. Take Me Away

4. Wonder Land

5. Indulgence

6. Dilemma

7. What Will Be, Will Be

8. Wake Up And Dream

9. All's Well

Credits

Bass Guitar – Anthony Jackson

Drums – Simon Phillips

Piano, Keyboards – Hiromi Uehara