読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクセルペダル

RAZOペダル

 

初めて僕の車に乗った人は必ず(100%)言う。

「マニュアルなんだ!」

理解できないという顔しながら、

「何故?何がいい?」

20年前からそんな感じだったが、最近は変人扱い、バカにされている感すらある。

答えは用意していて、

MT車しか買ったことがなくて慣れているから、単純に」

と言うようにしている。

「運転操作が楽しいから」とか「安全だから」

と言うと相手が納得しないとわかっているから。

同乗者は運転中僕のシフト操作をチラチラ。

「なんか忙しいよね」

そして妙にドア側に体を寄せて、

「運転の邪魔はしませんから」みたいな気の使い方をする人も。

僕は特別運転が好きというわけではないし、当然走り屋だったこともない。

MT車は運動感覚と車の動作がリンクするため安心できるのかな。

クラッチを切ったり、シフトをガチャガチャするのが面倒いと感じたことはない。

かといってそれが特別楽しいというわけでもないが。

もしMT車を普段使いで楽しく運転したいなら、ヒール&トゥというスキルが必要だ。

マニュアルミッションの専売特許とも言える、これをやると、まあ確かに楽しいと感じる。

ところが、今時の車はアクセルペダルがブレーキペダルと離れているわ、奥まっているわで、ヒール&トゥがやりにくい。

納車4ヶ月のマイカーも例外ではなく、なんのためのマニュアルミッションなのかと不満だった。

メーカーとしては踏み間違いによる事故防止策なのだろうが、そもそもMT車はリスク低いだろうに。

で、ペダルをカスタムすることに。

純正ペダルの上から被せる簡易な方法。 

値段も安く、レビューも良いのでRAZOのヤツ。

アマゾンで3K弱で購入。

 

RAZOペダル

 

スペーサーはとりあえず無しで。

踏み面の高さを変えるためにスペーサーを入れるとブレーキペダルと角度が極端に違ってしまうため違和感たっぷりなので。

さて、RAZOのペダル、見た目はかなりショボいが実用性は十分。

スペーサーを入れなくても踏み面は15mm程度上がり、

かつブレーキペダルとの間隔も狭まって都合好し。

純正ペダルの上に両面テープとアルミバンドのネジ止めだけで固定しているのだがガタつく心配はなさそう。

 

RAZOペダル

 

早速西伊豆スカイラインに走りに行ってきました。

ここは走り屋が少ないので良い。

ヒール&トゥは確かにやり易くなった。

ただアルミ本体がペラペラ薄いためかアクセルを煽る際たまに足がひっかかるので、トゥ&トゥの方がスムーズかも。

 

そういえば息子が免許を取りに教習所通いしていたとき、教官にAT限定でないことを不思議がられたそうだ。

というかAT限定でないのは彼一人だけだったらしい(本当かな?)

安くて早く取れるAT限定にしないなんてバカだって言われたそうだ。

「男のくせにAT限定なんてみっともないし、好き嫌いに関わらずMT車を運転できるようしておけ」

と教習所代を出した僕に言われて仕方なくMT免許にしたが、

好きな方を選べと言っていたらAT限定だっただろう。

僕がMT車しか乗らないのを知っているのでもしかしたら親の車を借りる為にそうしたのかな。

だとすると断れないな。貸したくはないが。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20160619151442j:plain

Robert Glasper : Covered

Tracklist

1. Intro

 Written-By – Robert Glasper 2:12

2. I Don't Even Care

 Written-By – John Gray, Macy Gray, Robert Glasper 7:42

3. Reckoner

Written-By – Colin Charles Greenwood*, Edward John O'Brien*, Jonathan Richard Guy Greenwood*, Philip James Selway*, Thomas Yorke* 5:07

4. Barangrill

 Written-By – Joni Mitchell 7:06

5. In Case You Forgot

 Written-By – Robert Glasper 13:01

6. So Beautiful

 Featuring [Special Appearance By] – Musiq Soulchild*

 Written-By – Lee Huston, Jr., Taalib Johnson* 7:39

7. The Worst

 Written-By – Brian Keith Warfield*, Charles Edward Hugo*, Jhené Aiko Chilombo*, Maclean Robinson, Pharrell Williams, Shawn C. Carter* 5:21

8. Good Morning

 Written-By – Drew Ramsey*, Britten Newbill, John Stephens, Shannon Sanders 4:51

9. Stella By Starlight

 Written-By – Ned Washington, Victor Young 4:37

10. Levels

 Written-By – Bilal Oliver 7:38

11. Got Over Featuring – Harry Belafonte

 Written-By – Harry Belafonte, Robert Glasper 2:07

12. I'm Dying of Thirst

 Featuring [Special Appearance By] – Iskinder "Skindoo" Adefris-Yaxley, Josiah Xavier Brown, Ralphie "Hoop" Richardson, Riley Kirkland Glasper, Samuel Josef Brown

 Written-By – Alan Bergman, Kendrick Lamar, Marilyn Bergman, Quincy Jones 4:33

Companies, etc.

Phonographic Copyright (p) – Blue Note Records

Copyright (c) – Blue Note Records

Credits

Bass – Vicente Archer

Drums – Damion Reid

Executive-Producer – Don Was, Nicole Hegeman

Producer, Arranged By, Piano – Robert Glasper

Notes

Recorded live at Capitol Studios Hollywood CA. December 2nd and 3rd 2014  

 

f:id:duran3616:20160619151441j:plain

Ella Fitzgerald : Lullaby of Birdland

Tracklist

A1. Lullaby Of Birdland

 Conductor – Sy Oliver

 Songwriter – B. Y. Forster, George Shearing

A2. Rough Ridin'

 Backing Vocals – The Ray Charles

 Singers Organ – Bill Doggett

 Songwriter – Ella Fitzgerald, Hank Jones

A3. Angel Eyes

 Conductor – Sy Oliver Songwriter – Earl Brant*, Matt Dennis

A4. Smooth Sailing

 Backing Vocals – The Ray Charles

 Singers Songwriter – Arnett Cobb

A5. Oh, Lady Be Good!

 Composed By – George Gershwin

 Conductor – Bob Haggart

 Written-By – Ira Gershwin

A6. Later

 Conductor – Sy Oliver

 Songwriter – Henry Glover, Tiny Bradshaw

B1. Ella Hums The Blues (From The Warner Brothers CinemaScope Production "Pete Kelly's Blues")

 Songwriter – Ella Fitzgerald

B2. How High The Moon

 Songwriter – Morgan Lewis, Nancy Hamilton

B3. Basin Street Blues

 Conductor – Sy Oliver

 Songwriter – Spencer Williams

B4. Air Mail Special

 Backing Vocals – The Ray Charles

 Singers Organ – Bill Doggett

 Songwriter – Benny Goodman, Charlie Christian, Jimmy Mundy

B5. Flying Home

 Featuring – Vic Schoen And His Orchestra

 Songwriter – Benny Goodman, Lionel Hampton

Credits

Vocals – Ella Fitzgerald