読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートレビュー ジョシュア-クリチコ

 

f:id:duran3616:20170427114946j:plain

Date: 2017-04-29

Where: Wembley Stadium, London, United Kingdom

Division: heavyweight (over 200 lbs, 90.7 kg)

Title: WBA, IBF and vacant IBO World heavyweight titles

f:id:duran3616:20170430122851p:plain

 

マッチアップ:★★★★

スリル:★★★★

スキル:★★★

印象度:★★★

 

 

96-93 ジョシュア、

93-95 クリチコ

95-93 ジョシュア、 

10Rまでのスコアを見ると競っているのが判る。

しかしクロスファイトというわけではなく、流れが二転三転する、まあ一般的に一番面白い展開だ。

わかりやすく面白い。

ヘビーウェイトマッチにおいて久しく感じることがなかったカタルシスを覚えた観戦者はきっと多かったろう。

それは、オフェンス一辺倒の激闘だから、ではない。

クリチコはやっぱりクリチコだったのだから。

ゲームプランありきで、遮二無二に倒しにいかない歯がゆさはこの試合でも感じたもの。

「あー、やっぱりクリチコはこうなんだ」

と。

皮肉なもので例の安全運転がジョシュアにダメージから回復する余裕を与え、結果的に終盤のスパークを引き出してしまった。

並みの相手ならそれでもクリチコは受け止めて抑え込んでしまっただろうが、挫折を知らない若きタレントのエネルギーは歴戦の手練れクリチコを持ってしても対処不能であった。

クリチコが醸す試合をクローズするマイナスパワーを弾き飛ばす瞬間を初めて目の当たりにして喝采を上げたであろう多くのボクシングファン。

クリチコ政権下は、暗黒時代だったは言い過ぎかもしれない。

でもね、これでようやくヘビーウェイトタイトルホルダーに然るべきステイタスが戻ってきたように思う。

ビッグマーケットの門が再び開きそうな予感はある。

「これならライトなスポーツファンでも楽しめる」

そう思えるファイトを今後もヘビーウェイトに期待する。

この試合でジョシュアは未熟な部分も垣間見せたが、

その一方で経験値を一気に上げた感。

今後のヘビーウェイトは彼を中心に回るのは間違いない。

ただ、耐久力がそれほどでもないことがこの試合で暴露た。

勝負根性はありそうだが。

 

本日の獲物。

 

f:id:duran3616:20170427173241j:plain

Charlie Parker : Charlie Parker Story On Dial Vol.1

Tracklist

1. Diggin' Diz 2:52

2. Moose The Mooche 3:02

3. Yardbird Suite 2:39

4. Ornithology 2:58

5. The Famous Alto Break 0:48

6. A Night In Tunisia 3:01

7. Max Making Wax 2:30

8. Lover Man 3:19

9. The Gypsy 3:02

10. Bebop 2:52

11. This Is Always 3:10

12. Dark Shadows 3:06

13. Bird's Nest 2:43

14. Hot Blues (Cool Blues) 1:58

15. Cool Blues (Hot Blues) 3:08

16. Relaxin' At Camarillo 3:06

17. Cheers 3:05

18. Carvin' The Bird 2:44

19. Stupendous 2:53

Credits

Alto Saxophone – Charlie Parker

Bass – Bob Kesterson (tracks: 7 to 10), Ray Brown (tracks: 1), Red Callender (tracks: 11 to 19), Vic McMillan (tracks: 2 to 6)

Drums – Don Lamond (tracks: 16 to 19), Harold "Doc" West (tracks: 11 to 15), Roy Porter (tracks: 2 to 10), Stan Levey (tracks: 1)

Guitar – Arvin Garrison (tracks: 1 to 6), Barney Kessel (tracks: 16 to 19)

Piano – Dodo Marmarosa (tracks: 2 to 6, 16 to 19), Erroll Garner (tracks: 11 to 15), George Handy (tracks: 1)

Tenor Saxophone – Lucky Thompson (tracks: 1 to 6)

Trumpet – Dizzy Gillespie (tracks: 1), Howard McGhee (tracks: 7 to 19), Miles Davis (tracks: 2 to 6)

Vocals – Earl Coleman (tracks: 11, 12)

Notes

Recorded at Radio Recorders Studios, Hollywood, on February 5th, 1946 (track 1) and March 28th, 1946 (track 2 to 6)

Recorded at C.P. MacGregor Studios, Hollywood, on July 29th, 1946 (track 7 to 10), February 19,1947 (track 11 to 15) and February 26, 1947 (track 16 to 19)  

 

f:id:duran3616:20170427173242j:plain

Charlie Parker : Charlie Parker Story On Dial Vol.2

Tracklist

1. Dexterity

 Written-By – C. Parker* 3:00

2. Bongo Bop

 Written-By – C. Parker* 2:46

3. Prezology (Dewey Square)

 Written-By – C. Parker* 3:30

4. Superman (The Hymn)

 Written-By – C. Parker* 2:28

5. Bird Of Paradise

 Written-By – C. Parker* 3:12

6. Embraceable You

 Written-By – G. & I. Gershwin* 3:47

7. Bird Feathers

 Written-By – C. Parker* 2:52

8. Klact-Oveeseds-Tene

 Written-By – C. Parker* 3:06

9. Scrapple From The Apple

 Written-By – C. Parker* 2:40

10. My Old Flame

 Written-By – Johnston*, Coslow* 3:14

11. Out Of Nowhere

 Written-By – Heyman*, Green* 4:04

12. Don't Blame Me

 Written-By – Fields*, McHugh* 2:48

13. Drifting On A Reed

 Written-By – Mayhew* 2:52

14. Quasimodo

 Written-By – C. Parker* 2:53

15. Charlie's Wig

 Written-By – C. Parker* 2:42

16. Bongo Beep

 Written-By – C. Parker* 2:58

17. Crazeology

 Written-By – Harris* 2:58

18. How Deep Is The Ocean

 Written-By – I. Berlin* 3:24

Credits

Alto Saxophone – Charlie Parker

Bass – Tommy Potter

Drums – Max Roach

Piano – Duke Jordan

Trombone – J.J. Johnson (tracks: 13 to 18)

Trumpet – Miles Davis